「ぴあ初日満足度ランキング」第1位!

2010年11月18日(木) 7:47:57

映画「ハーブ&ドロシー」、おかげさまで「ぴあ初日満足度ランキング」で第1位を獲得しました!

そしてそして、上映館であるシアター・イメージフォーラムの、初日+2日目の動員数最高 & 記録更新でした!

本当にありがとうございます。
平日はさすがに立ち見はほとんどありませんが(昨日の最終回は立ち見が出たらしいですが)、客足は途切れず、順調に観客動員数が伸びています。マス広告など一切なく、スターも出ていないドキュメンタリー映画でこの数字は画期的かも。

パブリシティと地道なスポンサー探し、美術館へのアプローチ、地方配給活動など、強力なボランティアスタッフたちが足で稼いだ結果かと思います。ボクはその隅っこにいてソーシャルメディアを担当しただけだけど、なんというか「共感の広がり」を日々感じられた毎日でした。いや〜うれしいな。実際に行ってくださった方々、どうもありがとうございました。

って、振り返っている場合ではなく、まだまだ公開してたった5日。
これからもいろいろやっていきます。

ちなみに、来週の月曜日、11月22日は「いい夫婦の日」ですよね。

いい夫婦、と言えばハーブ&ドロシー(笑)
ということで、スペシャル・イベントをやります。

なんと鳩山幸さん(前総理大臣夫人)をゲストにお呼びして、佐々木芽生監督とのトークショー。「いい夫婦とは?」をおふたりで語り合っていただきます。主催者側もどんな話に展開するかまったく予想が出来ないこの組み合わせ。モデレーターというか会話整理役はボクが務めますが、まったく自信がない……w

そしてそして、そのイベントの中で、ニューヨークのハーブとドロシーの自宅とスカイプで結んで生中継も試みます!

日本時間の19時とかからスカイプにつなぎますが、ニューヨークは早朝。早起きのドロシーは起きているらしいけど、ハーブはまだ寝てる時間だとか(笑)。だからハーブが画面に登場するかどうかは運です。しかもスカイプ接続ってたまに途切れるし…。生中継が成功するかどうかドキドキですが、まぁやってみます。

ハーブたちの生の姿をご覧になりたい方、質問してみたい方、そしてもちろん鳩山幸さんと佐々木監督の話を聞いてみたい方、是非お越し下さい! 入場無料。18時からです。

会場は青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル(14号館)12階大会議室。
青山学院大学の総合文化政策学部の学生さんたち主催のイベントになります。くわしくはこちら

ちなみに、大阪でもイベントあります!

11月20日(土)18時~ 佐々木芽生監督 × 服部滋樹(graf)
会場 graf(大阪市中之島)

こちらは満席間近です。お早めにお申し込みください!

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事