最近の人気RTより

2010年7月 7日(水) 8:21:47

ここ2週間くらい、ツイッターでRT(リツイート:引用してツイート)したものの中で人気だったものをご紹介しておこう。ちょうど1ヶ月前くらいにも「最近のおもしろ動画・美し動画」としてご紹介したけど同じ趣旨です。ちなみに以下のリンクは今後リンク切れが起きることもあるのでご承知置きを。

まずは一番の人気RTだったものから。
これは数日に渡って広がり続けた名作。デイリーポータルZの「アマゾンのフォト検索に挑戦する」。さすがデイリーポータルZ。笑えるなぁ。

同じくデイリーポータルZから「カメムシはパクチーの代わりになるか」
題名でだいたい内容わかると思うけど(笑)、これもなかなかの秀作。カメムシに嫌な思い出満載なのに思わず「食べてみたい!」と思ってしまった自分の好奇心がイヤ(笑)。ちなみにボクはゲテモノも大丈夫で、蜂の子やアリご飯なんかは食べられます。でもカメムシはなぁ…。ちなみにアリご飯(黒い丼飯と思ってください)はセミの味がしますw

ワールドカップ・ネタではまずは駒野。「コピペ:駒野なんて大したことはない」。いや、ほんと、がんばれ駒野!

一瞬、この写真もかなりRTされて世界が震撼した(笑)
「本田の肩にのってる手は誰のものですか?」。心霊写真だ! こえ〜!と大騒ぎに。 でも、しばらく後にこの写真がRTされてきて謎は解明。良かった良かった。

ワールドカップのある見方として秀逸な図表がこれ。まだ予選通過前の図ですね。これとかと見比べるとチーム名がわかる。今日現在では、オランダ(Nike)が決勝進出。ドイツ(adidas)とスペイン(adidas)が準決勝。ということで決勝は Nike vs adidas!

サッカーではモンティ・パイソンもRTされてきて久々にこれ見た。「哲学者サッカー & 1人レスリング」。モンディ・パイソンらしい名作。

これはツイッターやってる人しかわからないネタだけど。ツイッターってたまにサーバーダウンするですね。そのときクジラが出てくるんだけど、その代わりに…(笑)。大地が腐海(不快)で埋め尽くされる!

芸術系ではこの3つを。
まずは鉛筆アートをふたつ。どっちもすごい。「鉛筆の芯をベースにした彫刻アート」「鉛筆彫刻」。いやーすごい。

また、このさぬきうどんのイラストもすごい。ホントに絵かなと思わせるクオリティ。どうやら「彦江」のものらしいが(元写真と思われるものを見つけた人もいる)、制作過程の動画も公開されている。いや、それにしても思わず疑っちゃうほど高レベル。

これも芸術かな。昔の写真も定期的にRTされてくるけど、今回は江戸の写真。タイムスリップできるよね。

最後はネコで。
暑さでダラ〜。というか、いっつもダラ〜(笑)

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事