伊勢志摩のお店

2009年2月10日(火) 8:21:30

突然ですが、クレア・トラベラーの連載で伊勢志摩に行こうと思っています。
伊勢志摩に行くならここへ行けー!というお店、もしご存知でしたらお教えください。よろしくお願いします。松阪も含みます。まぁ賢島観光ホテルとか和田金とか赤福とかは別にして、どこかあるでしょうか。伊勢うどん、手こね寿司、伊勢エビなどなど。おいしい店をご存知の方、ぜひお願いします。ちょっと急いでいます。

そうそう、これもお知らせしなくては。
ここで書いた中村美和子さんの個展、赤坂でやっています。大きく引き延ばした写真もいいですが、ブック(作品集)の中の写真がまた素晴らしいので見てみてください。場所などのお知らせはこちらで。

ご心配いただいてますが、相変わらず「眠い」です。眠い眠い眠い。
でも「早朝覚醒」がここ1週間ないのです。これって1年ぶりな感じ。1年分の疲れがなぜか今押し寄せている感じです。そのわりに異様に忙しく予定も満載だけど、ペースは意識してゆっくりやってます。でも、なんかの境目かも。そんな意識がありますね。

そうだ、謝らなければ。
「おいしい店リスト」、1月中の更新、結局ムリでした。じわじわと書いてはいるけどまだアップしてないままに、ゆっくりペースに突入してしまいました。様子を見ながら無理せず更新します。すいません。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事