文楽「豊松清十郎襲名披露公演」そして竹本住大夫の講演

2008年9月 8日(月) 7:16:23

国立劇場第164回文楽公演を観てきた。
演目は「近頃河原の達引 四条河原の段・堀川猿廻しの段」「吉田清之助改め五世豊松清十郎襲名披露口上」「襲名披露狂言 本朝廿四孝 十種香の段・奥庭狐火の段」。

昨日「闘う三味線」を見て自分の中に流れを作っていたこともあり、いままで観た中で一番ワクワクした。
ただ、見どころを浄瑠璃語りと三味線とのせめぎあいに自己設定した分、いままでで一番忙しい観劇となった。語りを聴き、三味線とのせめぎあいを聞くだけでも精一杯なのに、舞台では人形遣いたちが迫真の演技をするからそっちも観たいし、字幕も読みたいし、イヤホンガイドの解説もちゃんと聴きたいし、と、とにかく忙しいのである。

特に派手な見せ場が多い「奥庭狐火の段」は忙しかった。豊松清十郎と桐竹勘十郎が演じる、キツネが憑いた八重垣姫の動き。これがまた面白く、目は舞台に釘付けに。でも竹本津駒大夫の語りと人間国宝・鶴澤寛治の三味線も気になる。その一方で、字幕とイヤホンガイドで言葉を追わないと筋や見どころを見失うし、もう何がなにやら。眠くなっている暇がなかった。

しかも襲名披露公演なので出演している人たちがスゴイ。
「堀川猿廻しの段」では人間国宝のふたり竹本住大夫と竹本綱大夫が連続で語り、「本朝廿四孝」は人形遣いのオールスター出演で、人間国宝のふたり吉田簑助と吉田文雀が演じ、三味線で人間国宝の鶴澤寛治が弾いた(楽しみにしていた鶴澤清治は夜の部への出演だった)。
他に好きなところでは豊竹嶋大夫、桐竹勘十郎も出演。知らなかったところでは、猿回し与次郎をやった桐竹紋寿も良かった。「襲名披露口上」では前列にずらりと竹本文字久大夫、桐竹勘十郎、吉田簑助、豊松清十郎、竹本住大夫、鶴澤寛治が並ぶという豪華な舞台。それぞれの口上が聞けて楽しかったな。

朝11時に始まって15時前まで。4時間充実して楽しんだ。
まぁド素人ゆえ、変な楽しみ方をしているかもしれないが、きっと文楽好きの誰もが通る道だろうと思う。こうして演者を知り、知っている演目を増やし、語りや三味線のポイントを知り、と、ゆっくり詳しくなっていくのだと思う。ただ、今は人間国宝も多くて充実しているが、どなたもご高齢である。ゆっくりしている暇はないかもなぁという危機感もまたある。

特に竹本住大夫など84歳だ。
元々この人の語りは好きであったが、「闘う三味線」を見てすっかりファンに。そのうえ昨日は贅沢なことに終演後に彼の講演を聞くことができ、もうファンクラブがあったら入ろうかというくらい好きになってしまった(笑) でもあと何年彼の浄瑠璃を聴けるのか。もうあまり時間がないかもと焦ってしまう。

竹本住大夫の講演は、第一部終演後、15時すぎから国立劇場裏の伝統芸能情報館の3階の小さな部屋で行われた。
チケットを斡旋してくれたギリークラブ主催で80人ほどの聴衆。予定では1時間のはずだったが、「いやもう出番が終わると疲労困憊やねん」とおっしゃりつつ興に乗られたのかどんどん話が展開し、結局1時間50分しゃべりっぱなし。最後の方では「こんなに長時間立ちづめで話をして、お体は大丈夫なのか」と聴衆がざわざわ心配しだすくらい。主催者の渡辺さんもハラハラしていた。

でも、有り難かったなぁ。
もうそこに存在して話してくださるだけで有り難い。しかも話が異様に面白く、80人の聴衆は笑ってばかり。5分おきにドッとくる感じ。このままテレビに流してもイケルくらい面白い。舞台を見ているようだった。

今日やった「堀川猿回しの段」の解説や裏話はもちろん、笑いや泣きの演じ分けも実演してくれた(それぞれ顔自体が変形し別人になるのが見事だった)。
でも聞き所は彼の様々なボヤキ(笑)。もうおかしくって笑ってばかり。あとは薬師寺の高田管長とのエピソードやら教訓やらも良かった。文楽についてのトリビアはそれはもう有り難いものばかり。「文楽はもともと大阪のもんやから、語りも三味線も大阪弁やないとあかん。なのに最近は訛っとる(東京弁っぽくなっている)」ということは何度もおっしゃっていた。三味線の音も訛っているらしい。

聞き終わって「とにかく努力が足りない!」と強く思った。
84歳で人間国宝の彼ですら、こんなに毎日勉強し、少しでも上達しようと必死になっている。それに比べて自分は相当甘い。広告も文筆関係も。忙しさを理由にいろいろ怠けている。できる努力を怠っている。性根をたたき直された気分。

生きている世界は相当違うが、久しぶりに目標とできる人生の先輩を見つけた思い。
次に東京に公演に来るのは来年2月だと言う。大阪まで追っかけで観に行こうかな…。大阪には文楽仲間がたくさんいるしな(笑)。終演後いろいろ話し合えたらどれだけ楽しいか。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事