サウナって本当にカラダにいいの?

2007年11月29日(木) 7:54:21

入稿をバタバタすませて気が抜けたのか、妙にカラダがふわふわして疲れやすい。
運動して汗をかくと治ることが多いので、夕方からプールで長々泳ぎ、その後サウナに入った。サウナはあまり好きではなくめったに入らないのだが、サッパリスッキリするという人も多いので、昨日は我慢して15分きっかり入ってみた。
そしたらサウナから出た途端に前後不覚的ふらふらが訪れた。急に冷やすと逆に危ないと思い、ぬるま湯シャワーでゆっくりカラダを冷やして、近くのイスで休憩。水分も十分補給。動悸がおさまるまで安静にした。意外と危なかったのかもとヒヤヒヤ。

つか、サウナって本当にカラダにいいのかな(笑)
やっぱりボクには合わない模様。フィンランドみたいに習慣になっていればまだしも、急激に熱くして急激に冷やすって確実にカラダに悪い気がする。そういえば名作「世界の果てのビートルズ」で、サウナで我慢比べして倒れる男たちの話が出てきて印象的だったっけ。水ぶくれになるほど熱いサウナに長時間入る男たちの話。どこでも男はバカだなぁ。

ビートルズといえば、おとといの「ビートルズとドリフの比喩」は、年代格差があったようである。若い人には意味がわからなかった模様。1966年のビートルズ武道館公演(したんですよ)の前座をドリフが務めたのです。「ちりとてちん」でも先々週だったかに比喩として使われていたので、なんとなく便乗してみた感じ。
つか「♪ビバノンノン」を知らない人にはどっちにしろまるでわからなかったみたい。まぁ「8時だよ!全員集合」も1985年9月終了だしねぇ(日航機事故&阪神優勝の年、そしてボクが新入社員の年)。裏番組の「オレたちひょうきん族」に負けたのだった。今思えば、お笑いの流れが変わった年であった。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事