BM上げ

2007年11月28日(水) 5:19:23

夏前後に右肘を痛め、ひどい時はお箸も持てない状況になり、当然キーボードもずいぶん辛いという日々が続いた。
いろんな方のアドバイスでそこそこ治ったのだが(一番効いたのは左脇のマッサージ。つながっているのね)、そんな中、秋前後から重量級の執筆に入り、キーボードが打ちにくくなったら致命的、と恐怖心バリバリだったことも手伝って、まさに腫れ物に触るように扱ってきた右肘。プールもジムも行けないし、腕立てなんてもってのほか。いつの間にか全くエクササイズもしない状態に。

で、気がつけばBM(基礎代謝)が落ちており、夏前よりも2キロちょい太っている。ずっと机に向かっていたこともあり体力もガタ落ち。代謝が悪いせいか寒さもこたえる。こりゃアカン。

ということで、今日から年末まで、地道にBM上げをし、プール&ジムに通うことにしました。BMグラサン・ダイエットの教祖としても、ベストなBMへの復帰とベストな体型への復帰をここに誓って背水の陣とします。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事