HDDレコーダーによるノンリニア効果

2005年1月 2日(日) 16:02:27

1日15時間体制で原稿書き&まとめをしているが、全体構成自体を見直したり、取捨選択をやり直したりして、一歩進んで二歩下がる状態に突入。こうなると膠着する。苦しい。でもあと少し。がんばろう。

正月2日にも年賀状が配られるのは、競争原理が働き始めた感じでよいことだ。が、「郵便屋さんも2日は休みなんだよ。元日からごくろうさまだったし」みたいな村社会的お互い様意識も意外と捨てがたい。こういうおセンチな感じってどんどん消えてゆくのだろうなぁ。

HDDレコーダーがあると年末年始が様変わりする。TV番組スケジュールにまったく影響を受けない生活ができる。ちょっと驚き。もともとTVをあまり見ない我が家にしてそうなのだ。TVをたくさん見るタイプの家の必需品になるな。それに従いTV編成も考え方を大きく変えざるを得なくなるし、CM飛ばしも業界にとって深刻な問題になる。
原稿書きしているとHDDレコーダーの便利さは計り知れない。ニュースすらオンタイムに見なくなる。このノンリニア感覚に慣れてくると「定時」という概念がバカらしくなってくる。会社とかメシとかもノンリニアで処理したくなる。近い将来、社会自体がそうなるんだろうな…。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事