ブッシュの愛嬌について

2004年10月19日(火) 10:34:41


朝、犬といっしょに速歩散歩を40分し、玄関まで帰り着いたと思ったら雨。あぶないあぶない。

秋冬物を買いにイッセイやヨージを見にいったが、今年のイッセイはいまひとつ。結局ヨージを買った。つか、痩せた上に短髪にしメガネも変えたのでファッションも少し変えた方がいいかも。ワードローブの方向性を少しずつ変えていこう。「渋め」「シック」が良いかもしれない。

ブッシュの「愛嬌」についてつらつら考える。あまり問題意識のない人や悪い意味で田舎の人は、正論よりわかりやすい単純さ、そして愛嬌がある方を取る。「なんとなくその人物が好き」程度のことが大事なのだ。ブッシュには愛嬌がある。わかりやすいシンプルさ(普通に見たらおバカに見えるが)がある。議論でやりこめられても「そこが彼のかわいいトコロ」とまで評価する人がいる。そういうシンプルなところで物事が決まる例は歴史上にゴマンとある。結局人間、愛嬌なのだ。民主党はそこを見誤った。ケリーではダメかもしれない。ジョン・エドワーズだったら圧勝できたかもしれない。うぅ。頼むよ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事