ロシアから無事帰還!

2003年10月 9日(木) 17:55:22

ロシアから無事帰還。おかえりー、オレ。

行く前はぶるってたけど、行ってみれば怖いことや不便なことも何もなく、長い歴史と深い文化を持つロシアを十二分に堪能してきた。
つか、世界二大強国だった国がつまらないわけないよねぇ。いったい誰だよ、「暗い」とか「不便」とか「物がない」とか「行列してる」とか「みんな太ってる」とか「ウォトカばかり飲んでいる」とか「治安悪い」とか先入観植え付けたの(←自分自身です)。すべてに逆。明るくて優しくて荘厳で物が溢れてて、痩せてて美人で知性的で、理想主義と現実主義がバランス良く混ざりあっていて、便利も治安も日本に近い印象。英語は確かに通じにくかったが、急速に普及している。 ウォトカなんかそんなに飲んでない。ワインが多かったな。

いやー、それにしても行った日から時差も感じずフル回転で遊んでしまった。たのしやロシヤ、おそロシヤ。帰って来たくなかったよ。
結局8泊9日でバレエを8舞台(!)。世界のトップがホームグラウンドで見せる真剣舞台のあまりの凄さに口あんぐり。次元が違う世界を集中的に覗いてしまったワタシ。いきなり目が肥えまくってしまったかも。
しかも普通は入れないボリショイ劇場の舞台裏や楽屋、スターたちの稽古も見学しまくり。岩田守弘さん(ボリショイの1stソリスト)によるバレエ集中講座を個人で受けてるような毎日。そのうえ自宅でご馳走になったり、別荘でパーティしたり…。
もちろんモスクワもペテルブルグも歩きまくった。特にエルミタージュ美術館は感動的だった。ルーブルより好きかも。あ、エカテリーナ宮殿(琥珀の間!)にも魂抜かれた。いやーサイコーだった……。

ま、なるべく早く、旅日記みたいの、まとめます。とりあえずインプットしまくり&絶好調で帰ってきたご報告ということで。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事