トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 星野道夫 >

LV5「旅をする木」

星野道夫著/文藝春秋/1550円

旅をする木
amazon
アラスカを撮り続けているカメラマン・星野道夫の最新エッセイ。

人を静かな気持にさせるその文体で、今回も極上の時間を提供してくれる。都会でこうして忙しくしている今この瞬間にもアラスカの海では鯨が飛び上がってるかもしれない、そんな「もうひとつの時間」を居ながらにして感じたかったら、星野道夫に限る。ウィスキーと彼の写真集と本一冊あれば、あっという間に目の前に繊細な自然と豊かな時間が流れ出す。

ちなみに、彼のエッセイの中で一番好きなのは「イニュニック」(新潮社)。
彼の写真集はいろいろあるが、とりあえず「風のような物語」(小学館)が良いと思う。

1995年09月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:エッセイ ,

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール