トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > ヴィレム・エルスホット >

LV3「9990個のチーズ」

ヴィレム・エルスホット著/金原瑞人・谷垣暁美訳/ウェッジ/1200円

9990個のチーズ
amazon
妻がチーズ関係の仕事をしているせいか、題名を見てなんとなく買ってしまった本(帯に「柴田元幸さん推薦!」とあったのも影響しているが)。実はベルギーの古典として知られる本らしく(現代は「チーズ」)、1933年出版という古いもの。それがなぜ今出版されたのかはしらないが、なにやら妙に味わい深い本だった。

物語は、地道なサラリーマン生活をしていたラールマンスがひょんなことから大量のチーズの輸入代理責任者になり、大金持ちになる夢を見て奮闘するというもの。結末は「幸せは足元に転がっている」的な、いかにもな教訓なのだが、古い作品のせいか、非常にのんびりのほほんとしていて、逆に楽しい。そうそう人生の本質って実はそうだよね、とにっこり本を閉じたくなるような、そんな本。ちょっと仕事に疲れた人なんかにはなかなかいいんじゃないかな。薄い本だし。

2003年08月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(海外)

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール