トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 平澤正夫 >

LV3「日本の牛乳はなぜまずいのか」

平澤正夫著/草思社/1600円

日本の牛乳はなぜまずいのか
amazon
知らなかったぜ、日本がこんなに牛乳後進国だったとは!

ここに書いてあることが本当ならば(本当っぽい)大手牛乳メーカーはものすごい罪を犯しているなぁ。
厚生省や大手メーカーと単身闘った藤江才介という技術者のエピソードを中心に綴られていてなかなか面白いのだが、構成が悪く何度も同じ話に行き着いてしまうのが難。しかも要点がよくわからなかったりする。
が、全体には新しい発見に満ちた本だ。そうか、あの独特の粘っこい香りは「こげ臭」だったのか……あなたもこれを読んで日々飲んでいる牛乳に対する認識を新たにしてください。

1997年08月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:食・酒 , ノンフィクション

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール