新しく「さとなおリレー塾」、始めます(先着順で募集します)

2014年12月 4日(木) 8:33:21

先週締め切った「さとなおオープンラボ」ですが、2クラス24名の定員のところ、なんと140名の熱いご応募をいただきました。ありがとうございました。

どなたもご事情をお持ちで、真剣に「全員とラボがしたい」と思いました。
とはいえ自分の身はひとつしかなく、選考には本当に悩まさせていただきました。1クラス増やして36名にしたのですが、それでもまだ100名以上落とさなければいけません。「いままさにプランニングを学ばないといけない!」という切迫された事情の方も多く、本当に困り果てました。

そこで、ラボとは並行して、新しい講座を持つことにしました。

題して「さとなおリレー塾」

さとなおオープンラボの内容のエッセンスをお話しし、その後、リレー的に豪華講師陣に話していただく座学講座です。少人数ラボでは受け入れきれない多くの方々に、エッセンスだけでも知っていただこうと思って企画しました(そしたら短期間に豪華講師陣をアサインできて、ボク自身驚いております)。

ラボでのような課題発表やディスカッションなどはありませんが、そういうのを苦手とする方や人見知りな方などはこちらの方が向いているかもしれません。

ボクが最初の3回で道筋をつけます。
よくセミナーであるような「いろんな講師がいろんなことを話すパターン」ではなく、ボクがつけた文脈を受けたカタチで最前線の講師たちに話してもらいます。他の講師の時も、佐藤は基本同席し、司会役みたいなことをします。

今年の夏、ある企業で講義を受け持ったのですが、いまのコミュニケーションの現状を改めて理解し、頭を整理していただくだけで充分なインパクトがあったようでした。そしてその時思ったのは「この流れでもうちょっと突っ込んで話し、先端を走るいろいろな方に講義で話していただくと、より深く理解していただけるかもなぁ」ということでした。

それを来年1月からやってみたいと考えています。
そして、もともとラボにご応募いただいた方に向けての講座ですが、一般の方にも応募いただけるようにしました。

人数は100名程度を予定しております。
ラボにご応募くださった方々に先行してお知らせしておりますが、まだお席の余裕がありそうなので、一般にもお知らせさせていただきます。

参加料は10回5万円(消費税別途→消費税入れると54,000円)。一括です。
来られない日がある方は、第二回リレー塾(4月以降で開催予定です)に振替も可能ですので安心してご参加ください。

1/13(火) 佐藤尚之 オリエンと現実把握
1/20(火) 佐藤尚之 間接コミュニケーションとファンベース
1/27(火) 佐藤尚之 情報共有プラットフォームと練習問題
2/03(火) 廣田周作 ファンベースとエンゲージ
2/10(火) 徳力基彦 ファンベースとアンバサダー
2/17(火) 須田和博 WEBプランニングの今
2/24(火) 京井良彦 つなげる広告の今
3/03(火) 高広伯彦 インバウンドとオーガニック
3/10(火) 石川淳哉 311イブに贈るクリエイティブの可能性
3/17(火) 斉藤 徹 ソーシャルシフトと新しい顧客戦略

時間は「19時から2時間強」。
場所は応募人数によって変わるので未定ですが、東京23区の中心地域を考えています。

ちなみに、この「さとなおリレー塾」は、「広告」の先端を学ぶ場ではありません。

「伝わらない時代の『伝わる』プランニング」を、佐藤がつけた道筋に沿って、豪華講師陣がリレーでお話ししていくものです。

ですので、対象は広告・広報マンだけではなく、「伝える仕事」を持っている方々すべてです。販促部門、営業部門や人事部門、小売りの現場も「伝える仕事」です。メディアの編集者やコンテンツ制作担当もそうだと思います。小規模なベンチャーなどだとすべての業務が「伝える」に関わると思います。また、学生さんも歓迎です。

結果的に講義内容にカタカナが多く、広告の先端っぽいタイトルになってますが、あまりそれには惑わされないでください。講師陣には本質的な話をしていただく予定です。

各講師、それぞれやり方やアプローチは違う部分はあると思いますが、同じ文脈で話すことでの統一性と、その文脈の中での個人のやり方のバラエティが混在することで、みなさんのプランニングの幅が広がったらいいなぁ、と思って企画しました。

基礎と応用、それを10回でやる、と思ってください。
ふるってご参加ください。

なお、集まってくれた講師の方々は、それぞれ第一線を走る有名人で、普段からボクといろいろ議論したり話したりして「大きな方向性」を共有しあっている方々です。一行では紹介しきれませんが、ご紹介。

廣田周作 (株)電通。著書に「シェアードビジョン」など
徳力基彦 (株)アジャイルメディア。著書監修に「アンバサダーマーケティング」など
須田和博 (株)博報堂。著書に「使ってもらえる広告」など
京井良彦 (株)電通。著書に「つなげる広告」「ロングエンゲージメント」など
高広伯彦 (株)スケダチ。著書に「インバウンドマーケティング」など
石川淳哉 (株)ドリームデザイン。代表作に「世界が100人の村だったら」など
斉藤 徹 (株)ループス。著書に「ソーシャルシフト」「新しい顧客戦略の教科書」など



ご参加希望の方へ

参加ご希望の方は以下をお願いします。
ちょっと原始的なやり方ですが、ラボにご応募くださった方々を優先しているので、こちらで手作業で仕分けします。段取りがもさもさしますが、申し訳ありませんが今回はこの方法におつきあいください(次回からはPeatixとか使おうと思います)

一般公募は先着順です。
〆切は12/10(水)です。

まずは参加希望メールを「 satonao.biz@gmail.com 」に送ってください(いまから受付開始です)。
その際、「お名前・年齢・性別・携帯電話番号」をお書きください。

そこで先着順でエントリーをし、〆切(12/10)の段階で定員数と照らし合わせ、(もしご応募が多い場合は)ご参加可能な方から順にメールでお振込口座をお伝えします。

申し込みはしても振り込まない方もいらっしゃるので、振込確認などを12/15までに行って、その時点で最終〆切です。ご参加いただけない方々にはメールでその旨お知らせします(つまり12/15以降のお知らせになります)。

今回、参加希望メールをいただいた方には、次回以降の開催もメールでお知らせできますので、「先着順だともう遅いかな」とか思われても、一応メールを出してみてください。(というか、そんなに集まらない可能性もありますw)

よろしくお願いいたします。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事