">

修行僧じゃねえよ!

2013年3月 8日(金) 11:24:34

筋トレを始めてから3ヶ月、約8キロ痩せた。

筋肉は脂肪より重いのはよく知られていること。
その筋肉を増やしながら8キロ痩せたので、脂肪はもっと大きく減っていることになる。もう目標の75キロ(身長183センチ)はだいたいクリアし、体脂肪率も11〜13あたりまで落ちてきた。そういう意味では目標達成。

でも、こうなってくるとちょっと欲が出て来て、もう少しお腹周りを落としたくなっている。腹筋をいわゆる6パックにしてみたい(笑)。いままでの人生で(ラグビー部時代も含めて)腹筋ゴツゴツを体験したことがない。だから一回だけやってみたいのである。そういう裏目標を持ってあと半年、ジムに週3回通い続けてみようと思っている。

そんな昨今なのだが、会う人会う人に同じようなことを言われる。

「・・・ちょww、修行僧すか!」

修行僧じゃねえよ!
でもなー、湯布院での家族旅行でも、カメラを構えた娘から「なんか和服着てると修行僧にしか見えないんですけど」とか言われたんだよなー。確かにそう見えるのかも。

なんか、この歳で急に痩せると、まずは老けるらしい。マジか!
そして、顔や首から肉が落ち、顔がシャープになる。目も相対的にギョロリとしてくる。そのうえデフォルトでスキンヘッド系だ。つまりは修行僧。修行中のガリガリ坊主みたいということである。

脱いだら自分史上最高に瑞々しいのに!(笑)

わりとショック。
ふ、太ろうか。。。まさか人生で「太りたい」と思う瞬間が来るとは思いもしなかったよ。

でもまぁ元々ダイエットが「目的」ではない。
50歳を過ぎると、意識して体調管理をしないと長持ちするカラダにならない。体調を万全にキープして、能率を上げてよりよい仕事をするための、「手段」としての筋トレなのである。

そういう意味で筋トレをやめる気はないが、なんか「小さくなりましたね」「ちょっと老けたな」「痩せっぽちに見えますよ」みたいまで言われてくると「取り返しのつかないことをしたのではないか」とすら思えてくる。うーむ・・・

ま、でも、カラダは確実に軽くなり、体調もとても良くなってきている。
「とてもイイコトをしているのだ」と思い込もう。そうしよう。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事