">

クレイジーケンバンドのツアー初日に行ってきたけど、それよりびっくらこいたのは…

2012年6月 9日(土) 17:41:57

いやー驚いた。
クレイジーケンバンドの通称「ハマのギター大魔神」、小野瀬 "のっさん" 雅生さんと16年前にメールのやりとりしていたとは……。

ええとですね、よく読んでくださる方は、ボクがクレイジーケンバンド(以下CKB)のライブによく行っているのはご存知かと思います。

数年前から、小石原はるかのお導きもあり(最初にその魅力を教えてくれたありがたいお方)、そしてファンクラブの方々のチケット争奪のおかげもあって、プラチナ・チケットであるCKBのライブに何度か行かせてもらっているですね。年に数回は行ってます。今年も4月に長者町フライデーに行けた。ホント、チケットを取ってくださる方々には頭が上がりません。

で、結果、完璧にハマり、ハマる過程で、横山剣さんだけでなく数多いメンバーたちの名前もだんだん覚えるようになっていったわけです。

特に「小野瀬 "のっさん" 雅生」は、その素晴らしいギターテクもあり、ライブ中に必ず行われる「オノセマサオ・ショーーーー」もあり、まぁわりと最初から好きだったわけです。

で、何が驚いたかって。

昨晩、クレイジーケンバンドの「CRAZY KEN BAND TOUR 2012 ITALIAN GARDEN」、ツアー初日に小石原はるか一行と行ってきたんですね(@赤坂blitz)。

それはそれは極上のライブで大満足。
超マニアの小石原曰く「昨日のセットリストは夢のようだったな〜。リクエストコーナーのアレとか本編ラストのアレとか一番最後のアレとか…」(tweetより)と。いやホント、実に素晴らしいライブだったわけです。

で、驚きはひと晩経った今朝起こったのです。

今朝、ツイッター上でハマのギター大魔神、小野瀬 "のっさん" 雅生さんのアカウントを見つけ(@onosemasao)、何気なくフォローしたですよ。

そしたらいきなり彼自身からツイートが飛んできた!

( *`ω´) ご無沙汰しております!ありがとうございました! “@satonao310: いまから赤坂blitzにてクレイジーケンバンド! 打ち合わせを中座してしまってすいません(仕事仲間の方々)”

ビックリしつつ、お会いしたことないから人違いかなーと思いつつ、光栄だったのでこう返しました。

昨日は本当に最高でした! でもお会いしたことないのでご無沙汰ではありませんw でも最高でした!

そうしたら!

15年くらい前にメールで何度かやりとりさせて戴いた事がありますです。

と!

ええ!っと驚いて、いっそいでメールボックスを検索してみた結果・・・

うぅわ!
確かに1996年9月13日に、当時のボクのサイトにメールをいただいており、その後何度かやりとりもしているですね。

当時、彼は「天丼」のサイトをやっていたので、そのサイトをこのサイトからリンクしたりもしました(当時リンク集も持っていたので)。

そのリンク集コーナーもローカルで(ボクのハードディスク上に)残っていたので、キャプチャーしてその部分を拡大してみます。

左の画像をどうぞ!(クリックで大きくなります)

「天丼食べ歩き ギター弾き、小野瀬雅生さんの天丼のページです。天丼雑学なんてのもありますよ。」!

うひー。名前まで書いてるじゃんオレ!

彼の現在のブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」はたまに読んでいて、あー天丼好きなんだー、くらいには認識していたのだけど・・・それとこれとが急に結びついた!!!

あー驚いた・・・
17年もサイトやってるとわりといろんなことが起こるんだけど、それにしても驚いたなー。

そういえば亡くなった川勝正幸さんとご一緒できたのもCKBライブだし、石黒謙吾さんとお知り合いになれたのもCKBライブ(どちらも小石原紹介だけど)。昨晩もライブ終了後に飲みに行ったビストロで同じくCKBライブ帰りの「某社社長」とのおもしろい出会いもあったし、こうしてシアワセな人脈が広がるのがCKBライブなのかも。

ということで、 "のっさん" と「今度どっかにご飯行きましょう」という約束もできたし、たいへんシアワセな週末なのでした。これからTEAM NACSの公演だし。

それにしても驚いた。そして楽しいな。

これも上機嫌の御利益かもしんないw

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事