">

人はわかりあえっこないからこそ、たまたまわかりあえたときに強い「共感」が起こる

2012年3月23日(金) 10:16:14

一昨日の「ネットで『個』を発信できるのは、当たり前なことではなく、実にラッキーなこと」、昨日の「組織や肩書きに頼らず『自分』を晒して生きるということ」に多くの反応をありがとうございます。

さて、昨日の続き。

 自分から「組織」という分厚く手厚い「鎧」を引っぺがしてみる。
 そこに残る痩せた頼りないものが「自分」だ。

…なんて、ちょっと怖いことを書いたけど、でも、それをよくよく自覚して自分を発信していかないと、「個」と「個」のつながりでできているソーシャルメディア上で、人の「共感」を得ることは難しい。組織のポジショントークほど共感されないものはない。

では、どうやってその「痩せた頼りない自分」「誰の共感も呼びそうもない自分」が、「共感」を獲得していくのか、というのが今日の話。


というか、そもそも「共感」っていったい何なのだろう?

共感が起こる大前提は「他人と自分は違う」という当たり前の事実。

そう、あなたが発信して伝えたい相手は「他人」である。
当たり前っちゃー当たり前なんだけど、ここ、意外と日本人は不得意分野。小さな島国に住む単一に近い民族で、まだ移民も少なく、同胞意識も強い日本人は、どこかこれを甘く考えている節がある。

日本人が好きな格言に「自分がやられて嫌なことをヒトにするな」みたいなのがある。もっともらしく聞こえるけど、これは「自分が嫌なことと他人が嫌なことは同じである」を前提とした甘えだ。

自分と他人は違う。徹底的に違う。顔も、身体も、健康状態も、育った環境も、家族構成も、受けてきた教育も、見てきたテレビも、好きな本も、好きな音楽も、好きな映画も、好きな食べ物も、好きな人も、仕事経験も、独身か既婚か子持ちか介護持ちかなども、ぜ〜〜んぶ違う。だから自分の嫌なことと他人の嫌なことが同じはずがない。

同じはずがないのだ。自分と他人は「違うところばっかり」だ。

その他人、つまり、「もともとすべてにおいて違う相手」に発信して伝えるのだから、「わかりあえない」「共感なんか起こらない」ということが前提となる。

そう、わかりあえっこない。共感なんか起こりっこない。

でも、だからこそ、わかりあえっこないからこそ、たまたまわかりあえたときに強い「共感」が起こる。

これが共感の仕組みだとボクは思う。
そしてヒトは「共感」の快感を求めて、他人の中に「自分と同じところ」を探そうとする。すべてにおいて違うその人の中に「同じところ」を探して「あー、いっしょだ」と確認して安心しようとする。

なぜなら「人と違うことは寂しいから」。
寂しいから、自分と同じところを探して「共感」したがる。あー、そうだよねー。わかるわかる。自分もそう思う!!って。


よく小説とかで「この小説はたったひとりの人に向かって書きました」みたいのがある。
あなたとまったく違う人生を歩んだ他人である作家が、誰か知らない人に向かって書いた小説。もともとそんなものがあなたの「共感」を呼ぶわけがない。でも、たったひとりに向かって書いた、あなたが経験もしたことないストーリーが、あなたの「共感」を強く呼ぶことがある。それは何でだろう。

それは、あなたが、このまったく違うストーリーの中に「自分と同じところ」「自分の人生と似てるところ」「わかりあえる考え・体験」を探しながら読んでいくからだ。

だから全く違う人生が書かれていても強い「共感」を感じることがある。
いや、違うところが多ければ多いほど、ヒトは躍起になって「同じところ・似たところ」を探しに行く。そしてわざわざ探し出して強い「共感」を得る。

小説に限らず、ほとんどの芸術がそういう風に出来ていると思う。

わざと「共感」をされないように、徹底的に「わかりあえそうなところ」を排除した芸術も存在する。そういうものを前にしたとき、ボクたちは途方に暮れる。同じところが見つからなくて拒否・排除された気分になる。その芸術はそこを狙っている。

って、話がちょいズレたが、要するに「共感」は相手が探しだしてくれるものだということ。

あなたが、自分のオリジナリティを出せば出すほど、他人との違いを明確に出せば出すほど、相手はそこに「自分と同じところ・似たところ」を探しだそうとしてくれる。

要するに、自分のオリジナリティ(素の自分)を出せば出すほど強い共感を得られやすい、ということだ。
自分だけの個人的な体験だったり、自分だけが考えていることだったりをボソッと発信してみる。人はそこにわざわざ自分と重ね合わせて「共感」を探しにきてくれる。

逆に「一般論」はとても共感が起こりにくい。
一般論というのは「多くの人に理解しやすい普通の論」だ。そんなことを発信したとしても、それを読んだ人は「あーなるほど」と思うだけで、わざわざ「その論の中に自分と同じところを探しに行く」なんて面倒なことはしない。自分と似たところが多い受け入れやすい説だからである。だからそこに強い「共感」は起こらない。みんなさっと通り過ぎるだろう。

つまり、肩書きや役職のポジショントークで「一般論」を言うことが、世の中で一番「共感」されにくいことになるわけですねw


素の自分を出すこと。
ありのままの自分をさらけ出してみること。

痩せた頼りないものだとしても、誰の共感も呼びそうもない自分だとしても、ちょっと勇気を出して「自分自身」を出してみる。そうすると必ず誰かが「自分と同じところ」を探し出しに来てくれて、共感してくれる。

と、あなたと何もかもが違う他人であるボクは思う。


あー、もう仕事しに行かなくては。

最後に、では、こんな「個」の時代、企業という組織はどう発信していけばいいのか、を、次回にちょっとだけ書いてみたい。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事