ラジオのパーソナリティ、初挑戦!(ちょっと過去)

2011年9月21日(水) 7:11:29

asakatsu.jpegずぅっとずぅっと書こう書こうと思いつつ、書くタイミングを失っていたのだけど、ラジオNIKKEI の「アサカツ!」という番組の、月曜日のパーソナリティをやってます。

いや、やってました(過去形)、か。
もう3ヶ月分の収録を終え、来週月曜が最終回になってしまった。

でも、なんとなく「書くタイミングを失っていても大丈夫」と思っていたのには理由がある。
ポッドキャストで聴けるのである。

……と思って油断していたら、無料で聴けるのは数回分なのね〜(泣)。すいませんすいません。

下記に放送した回を書いておきますが、前半の方のボクがひとりでしゃべったものや須田くんをゲストに迎えた1回目とかはもう聴けなくなってました。うーん、もっと早く告知しないといけなかった…。

無料で聴けるのはこちらに載っているもののみ。
ええと当該ページの22, 17, 12, 7, 2の回は聴けます。つまり、下記の8/22の回、8/29の回、9/05の回、9/12の回、9/19の回は聴けます。

須田くんとの最終回(8/22)は面接などにもとってもタメになると思うし、佐々木かをりさんとの2回(8/29、9/05)は時間の使い方に悩んでいる人に最適だし、岸くんとの2回(9/12、9/19)ははっきり言って若手必聴の熱いものになった。iPodやiPhoneに落として、一度聴いてみてください。

ちなみに、岸くんとは昨晩もトークショーをした。
攻守ところを入れ替えて、昨晩は岸くんが聞き手。なんだかとても濃い対談になったし、会場もかなり盛り上がっていたと思う(たぶん)。それについてはまた書きますね。

ちなみに、この「アサカツ!」、全部有料ポッドキャストになったり、書籍化される予定もあります。詳細がわかったらお知らせしますね。

++++++++

アサカツ!
テーマ「仕事の壁を乗り越えるためのヒント」

7/05 変化の波に乗ってみよう
7/11 まずは、アウトプットしよう!
7/18 シゴトの壁をどう乗り越えるか
7/25 企画とは問題解決のためのソリューション
8/01 仕事のカベ、リスナーからの質問に答えて(1)
8/08 仕事のカベ、リスナーからの質問に答えて(2)
8/15 新分野に踏み込む方法~博報堂・須田和博さん(1)
8/22 仕事の転機と新たな仕事への関わり方~博報堂・須田和博さん(2)
8/29 ネットワークの作り方、使い方~イー・ウーマンの佐々木かをりさん
9/05 時間の管理~イー・ウーマンの佐々木かをりさん(2)
9/12 仕事への情熱とは?~電通・岸勇希さん
9/19 仕事の壁の良さとは?~電通・岸勇希さん(2)

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事