この酷暑にクーラーが壊れた

2011年8月15日(月) 7:40:40

土曜日はクーラーが壊れたようで効かず、35℃超と言われる外気温の中、家の中はもっと暑いという状況に(天井がなく屋根がむき出しなので放射熱がすごい)。

その酷暑の中、執筆をはじめ、連載やら仕事やら死ぬほど押し寄せてきていて、さすがにキレた。
ツイッターとかで変な弾け方(松田聖子祭り)をしてすいませんでしたw

日曜にクーラーのことを愚痴っていたら、ツイッターで、@shiratama5022 さんから、

クーラー自体は動くけれど冷たい風が出てこない症状なら【30分ほど送風>コンセント抜いてしばらく放置プレイ】でもしかすると治るかも。以前うちのエアコンはそれで治りました

と教えてもらったので、ダメでもともと(失礼!)と、その方法を試してみたら、なぜかクーラー治った! 涼しくなった! うーん、どういうことだろう。フロン抜けで業者呼ばなくちゃと思っていたのに。

ちなみにその後も、

わー治ってよかったです。ちなみに対策になるかどうかはわかりませんがクーラー使った後は送風したほうがいいのと、冷房>送風とか切替る際には一旦運転を停止し機能切替して再び運転させるほうがいいらしいです

ですってよ奥さん!

おかげで日曜は少し仕事が進んだ。良かった良かった。

ツイッターといえば、昨日はこの「陸前高田市の高校三年生なおみさんが振り返る震災の日」に涙した。

必読です。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事