徐行運転中

2011年4月 5日(火) 9:24:19

昨日は夜まで「助けあいジャパン」関係の打ち合わせに出ていて、例によって打ち合わせから打ち合わせへと小走りに移動するようなことをやっていたのだが、いざ帰ろうと帰途についた途端、なんだか具合が悪くなった。

そういうときこそタクシー使えばいいのに、駅が近かったしその方が早いからと電車で帰ったが、家に着く頃には青息吐息。いつものように大喜びで迎えてくれる愛犬にも愛想できずヘタヘタと座り込む。

震災後の過労・精神的ショック・フラッシュバック・退職のバタバタなどが重なってカラダが痛んでいるんだろうとは思っていたが、少し様子が違う。いつもと違うだるさと頭痛。頭の右後ろがボワンとしてる。少し気持ちも悪い。ううむ、これはいわゆるくも膜下なんかの予兆に近いのか?

いくつか連絡しないといけないところに連絡を取り、少しだけご飯を食べて、すぐ就寝。
明朝(つまり今日)の朝8時からの打ち合わせもキャンセルした。さなメモも一回お休みにして、とにかく就寝。

おかげさまで今朝は5時過ぎにスッキリ目が覚め、症状も改善されていた。
でも、多少不安があるので今日は徐行運転に切り替える。少なくとも今日と明日の2日間は徐行します。申し訳ありませんがよろしくです → 関係各位

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事