イノベーターたち

2011年2月19日(土) 21:50:04

昨日今日とちょっと調子が悪い。
今日は調子が悪い中で「宣伝会議」で講義をしてきたが、講義をしているとその間はアドレナリンが出て元気。でも終わった途端にアドレナリンが走り去り、一気に富士山の頂上から日本海溝まで駆け下るような気分の悪さになる。あぁ今日はなんだかきつかったな。

それを紛らわすために帰りの電車の中で iPhone の「桃太郎電鉄アプリ」をやり始めたら妙にはまってしまい、もっと疲れちゃった上に一駅乗り過ごすという情けない事態になったのだけどw

でも、元気が出る記事をツイッター経由で知った(写真はその記事から拝借)。

この17日にシリコンバレーで行われた懇談の様子である。ジョブズが公式の場に出てきてくれたことだけで元気になれるが、ジョブズ、オバマ、ザッカーバーグの並びは鼻血もの。なんという眩しく刺激的な光景であることか。

まぁマニアな人にとっては、ツイッター、グーグル、ヤフーなども含めて「席順が実に趣深い」ということになるのだが、やっぱりオバマの横は「アップル」と「フェイスブック」なんだなぁ。ジョブズは経歴から言っても当然だが、マーク・ザッカーバーグがすごすぎるよ。

そういえば映画「ソーシャル・ネットワーク」を1月末に観たっけ。
まったく書くのを忘れていた。なんというか、ボクはこの映画を観てマーク・ザッカーバーグが好きになった。なんだか彼の行動がとてもよく理解できる。「根っからのデジタル感覚」と純粋無垢。ただそれだけ。それはボクの中で好感が持てること。若い人や長くネットをやってきている人にはわかる感覚だと思う。

ザッカーバーグは1984年生まれ。
ボクが社会人になったのが1985年。自分が入社したころ生まれた人がこうしてイノベーターたちの中心に座っている。

逆に言うと、そのくらいの年月があれば、世界を変えるくらいのイノベートが出来るかもしれないということか。
まだ間に合うかもしれないぞw

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事