自分の中の秩序が再生産される過程

2011年1月 3日(月) 21:18:25

この年末、掃除を毎日していて、「捨」も毎日していて、とても地に足がついた感じがしていた。

なんだか懐かしい感覚だった。
忘れかけていた大切なものを心の底の方から掘り出して、丁寧にほこりを払って手にとって眺めている。そんな感覚が常にあった。

まぁそのくらい、掃除とか、料理とか、日常のことから「精神的に」遠ざかっていたのだろう。

物理的にはやっていた。たまに。義務的に。
でも、自分の心のなかに落ちていなかった。掃除とかってもっと人生の根本的なことなんだな。

ツイッターでも書いたけど、こうして毎日のように掃除をするようになると、掃除をすることと生活を大切にすることはイコールなんだなって改めて気づく。

日々の生活を大切にすること。

お恥ずかしながら、それを思い出している過程に自分はいる感じ。
一人暮らしをしていた20代のころにはたしかに持っていたのに、30代中盤くらいまでもちゃんと持っていたのに、30代後半から最近まで、多忙という言い訳の元になおざりにしてきてしまったこの感覚。

内田樹のブログに「ご飯を作り、お掃除をすることの英雄性」という回がある(ツイッターだったかで教えてもらった)。
これなんかとてもとても理解できる。ボクも村上春樹の掃除場面が大好きだ。たしか「ねじまき鳥クロニクル」の中に、毎朝手際よく完璧に掃除する青年が出てきたと思うが、ボクは彼のそれがとても印象的で、象徴的だと思ったな。なんというか、常に崩れよう崩れようとする秩序を、その結果としての喪失と絶望から、元に戻そうとする行為。これこそがダンス・ダンス・ダンスの本質かもしれない。

それはともかく。
年末は終わったけど(12月のテーマである「捨」もだいたい達成されたけど)、これからも毎日のように掃除、そして料理をしようと思う。

自分の中の秩序が再生産される過程。
壊しちゃったものがたくさんあったんだなぁ。でもそれに気づくためには壊す過程が必要だったんだろうなぁ。とか思う。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事