さなメモが iPhone でも読みやすくなりました

2011年1月27日(木) 6:28:48

昨日の「11刷」のお知らせに温かいメッセージを(メールやツイッターやフェイスブックに)ありがとうございました。狭い狭いストライクゾーンに向けて全力で投げ込んでみた球があの本でした。球が手を離れ「あとは野となれ山となれ」という気分だった発売当日を思い出します。少しでもストライクゾーンの隅をかすったのなら上出来です。なんでそんなにストライクゾーンが狭かったか。そのことはそのうち書けたら書きます。

次の本は(いまのところ)4月発売です。
でもね、本当は2月発売だったのです。遅れてます。でも遅れてよかった。たった2ヶ月の間にソーシャルメディアを含めていろんな状況が変化したし(ホントに激変の時代だ)、ボクの考えも深まりました。ただ、この伝で行くともう2ヶ月延ばして6月に発売すればまた状況も変化するしボクの考えももっと深くなる。深くなると言うか、いまでも毎日のように思考が変化しているので、少なくともいまよりは深く考える。でもそれではキリがない。いつまでたっても出せません。なので4月を目指します。もしかしたら5月になっちゃうかもだけど(弱気)

というか、昨日も書いたけど、この期に及んで新しい切り口を一昨日突然思いついた、なんて状況で(笑)
この切り口をキーに全体(10万〜12万字)を書き直そうかとしているので、しかもそれが意外とダメな切り口だと後で気づく場合もあり、その場合はまた書き直さなければならず、嗚呼!

気を取り直して、ちょっとお知らせ。
表題通り、「さなメモが iPhone でも読みやすくなりました」。

いままでは iPhone の小さな画面にサイトがそのまま出ていたのでかなり読みにくかったと思いますが、iPhone 用に最適化しました。アンドロイドでもちゃんと見えると思います。まださなメモのみで、おいしい店以下は反映されてないけど、少しずつやります。さなメモもタイトルが小さかったり改善点があるのですが、少しずつやります。

しかしフェイスブック、すごい勢いで広まってますね。
ここ一週間でリアルな友人が山ほど入ってきて驚きました。ちなみにファンページもやってますので、どうぞよろしく。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事