「明日の広告」11刷です

2011年1月26日(水) 10:15:09

以前、荒川修作の講演を聴いたことがあるが、彼がこんなことを言っていた。

「ヒトは形あるものに名前をつけたが、目や手から出た力みたいなものに名前をつけず、認めない。目から力がバーッって出て壁にぶつかる。その壁に、目には見えないけど、力がちゃんと残っているんだ。それを認めない。形あるものしか認めないから死ぬんだ。身体がなくなったと同時に死ぬんだ。でも身体がなくなっても人間は死なないんだ。それがおまえらバカは誰もわからない」みたいなことを講演会で言っていた。

これって昨日まで3日かけて書いた内田樹最終講義の中の「存在しないもの」と同じことかもしれないなぁ。そういえば荒川修作も「存在しないもの」になってしまった。「存在するとは別の仕方」でボクにシグナルを送ってきてくれている。確かに荒川修作は「死んでいない」。

3日間、異様に長い文章を書いたので、今日は短めに。

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)ええと、拙著「明日の広告」が 11刷になりました。

出したのが2008年の1月。ちょうど3年前。
この激変の時代の「3年前」って、マジで10年前くらいに相当すると思うけど、みなさんのおかげもあってボクと編集者の本多いずみさんが夢見た「ロングセラー」に育ちました。ありがとうございました。

ソーシャルメディアの浸透で本格的に状況が変わりつつあり、あの本で書いたことも変化していっているのだけど、実はあそこで書いたことって「100万人ではなく100人に伝える」というところの「100人にしっかりファンになってもらうためのマーケティング」のエッセンスだったりするので、大切さは変わらないと思っています。これからもご贔屓に。

あ、それと、「100人に伝える」というところばかりがクローズアップされていろんなところで引用されているけど、本格的なソーシャルメディア時代になったら「マスメディアはふたたび強力に効くようになる」と考えてます。ちょっとアプローチを変えさえすれば。たぶん両方の(コンテクストとタイミングを考えた)組み合わせになるのだと思う。

その辺も含めて、いま「明日の広告」の次の本を書いてます。
激変最中のソーシャルメディアの本質的な部分を分析して「コミュニケーション全体の変化」を書こうとしているので、どう書いても複雑になる。どう書けばよりシンプルにわかりやすくなるのか、日々模索中です。昨日も(書き始めからもう2ヶ月以上立つのに、しかも〆切直前なのに)大きく切り口を変えようとぐじゃぐじゃやっていた(よりシンプルに整理する方法を見つけた気がした…)。

あぁ、こんなんじゃ一生脱稿できないな。どこかで割り切らないと、とはわかっているのだけど。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事