スローダウン

2010年12月29日(水) 16:25:44

昨日は年内最終出社日。

最後にちょっと仕事でトラブルがあったけど、まぁ例年になく平穏な年の瀬だ。
最終日恒例の銀座「泰明庵」に行き、ゆっくり焼酎のそば湯割りを味わった。焼酎がアルギンの瓶で出てくるのが面白くていつしか「アルギン会」と名付けられた恒例の会だが、今年はアルギンの瓶もなくなっていてちょっと寂しかったな。

それにしても今年は春夏秋とバタバタし過ぎた。余裕なさすぎ。なので、冬は極力スローダウンを心がけた。特に12月。心の中に竹内まりやの「スローラブ」を流して戒めにしていた。

 ♪どうしてそんな風に 急いで生きるの
  僕のアドヴァイスも 上の空さ
  他人と比べながら 幸せ量るから
  足りているのは いつも虚しさだけ
  Slow Down 立ち止まってみて
  君が探している 大切なものは
  Slow love あまりに近くて
  見えてないだけの 青い鳥かもね
  あせらなくてもいいさ ゆっくり歩こうよ
  本物の夢なら 待ってくれるよ
 
「他人と比べながら 幸せ量るから・・・」
そんなことしているつもりはないのにチクチクと胸に痛い。きっとなにかが後ろめたいのだろう。

ま、そんなこんなで、ここ2週間くらいはかなりのスローダウン。そして「捨」によるシンプルライフ。いい感じである。執筆地獄ではあるのだけど、これは「本を書けるだけシアワセ」と思うようになって少し楽になった。

ちなみに去年の昨日は新橋の名店「トニーズバー」の最終日に伺っていた。
あれからもう1年か…。あっと言う間に過ぎたのは自分のせいだと思う。スローに。とにかくスローに。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事