昼ワインで疲れてしまったので

2010年4月29日(木) 20:51:05

今日は「ラジオNIKKEI」の公開生放送にゲスト出演してきた。
11時から13時までの2時間特番で、題して「From Webmasterスペシャル ~再びラジオについて考えるのココロだ(略してラジコ)」。ラジオについてポジでもネガでもとにかく語り合おうという番組。日経ニューメディアの田中正晴編集長、放送作家・石井彰さん、そしてボクの3人がゲストだった。会場にもお客さんが入った公開生放送。こういうの初めてなので始まりは多少緊張。噛んだ(笑)

…と、その内容について&ラジオの未来について書きたいと思ったけど、出演終了後に飲んだ昼ワインでなんだかしんどくなってしまったので、昨日だったかおとついだったかにツイッターでRTして評判がよかったもの、ふたつにリンクしてごまかすことにします(笑)

タカアシガニの脱皮。これ、本当にスゴイ。
 最初は??って感じだけど、最後にゾゾゾワっと鳥肌。
似てるもの特集。これは笑える。MJがスゴイ。
 次のページもその次も笑えます。

てなことで、おやすみなさい。ねむ。
ちなみに、この「ツイッターをいつ始めたか」がわかるツールによると、2年目の今日、ボクはツイッターを始めたようです。完全にアクティブになったのは去年の7月くらいだけど。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事