手相

2010年2月 7日(日) 21:05:43

四柱推命のことを書いたときから、占いについてのメールをいろいろいただいてます。

「私も生年月日が近いので、もしかしたら似た運勢 !?」とかいうメールもいろいろ。
うーん、どうかな…。四柱の「四」は生まれた年・月・日・時間の四つ。これが合致しないとまったく違う運勢になるみたいですよ。少なくとも生年月日は一緒じゃないと。なので、細木数子系の占いで言われている「○○星」が一緒でも、全然違う運勢だったりすると思います。四柱推命もいろんな流派があるみたいだし。

ちなみに、占いはほとんど信じないけど、一応「手相」は見ることができたりします。ずいぶん忘れちゃったけど、まぁでも基本がわかっているので。

中学のときに凝って、たくさん本を読んだですね。
手相もいろんな流派があったけど、なかでもしっくり来たのは五味康祐の見方。利き手を後天的な運勢、もう片方を先天的な運勢と見るもので、最終的には彼の手相の見方に沿って覚えたっけ。五味康祐は昭和中期の有名人だけど、もうほとんどの人が知らないだろうなぁ。剣豪小説で有名な作家だけど、オーディオ評論家、雀士、手相見、としても有名でした。

で、彼の本を中心にいろいろ読んでいって、そのうち「手相とは線を見るのではなくて丘を見るのだ」と、わかってから急にいろんな理解が進みました。線の名前や意味は忘れても、丘(指の付け根の膨らんだ部分)の意味さえ覚えておけば、だいたいのことはわかる。

まぁ、じゃぁ手相を完璧に信じているか、と言われるとそうでもないんだけど、少なくとも自分自身の手相はわりと当たっていると思います。数年で手相も変化していくのだけど、その変化の具合も自分の人生の沿っている。とはいえ「自分で見た自分の手相」ゆえ、いくらでも都合良く見られるんだけど。

右手(ボクの利き手)は、でも、本当に大きく線が変化した。今後どうなるのだろう。ちょっと楽しみ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事