今年もよろしくお願いします

2010年1月 1日(金) 9:36:50

喪中なので新年のご挨拶は失礼させていただきますが、今年一年、楽しくてウキウキするようなことがたくさんアナタに起こりますよう祈っております。

信じるものは救われる、というのは本当で、楽しくてウキウキするようなことがたくさん起こる、と心底信じていると実際起こります。スピリチャルかよ。いや、でもマジで。

たとえばボクの「晴れ男」もそう。
ボクは現在、自分でも呆気にとられるくらい「晴れ男」なんだけど、これは「晴れる!」と言い切るようになってからのこと。「ボクは晴れ男ですから」と周りにも宣言しちゃって、自分でも信じ込むようになってから、勝負どころとか旅や遊びの日とかキッパリ晴れるようになりました(正確に言うと、もちろん晴れを呼んでいるわけではなくて、晴れる日に勝負どころとか旅や遊びの日とかを設定する運を持つようになったということだろうけど)。

最近は90%くらいの確率で、自分でも不思議なくらい、晴れて欲しい日は晴れてます(ツイッターでフォローしてくださってる方は、ボクが旅している先々で「さっきまで大雨だったのに晴れてきた」とかいうことが起こっていることをご存知だと思います)。
ま、非科学的なのはわかった上で言ってますけどね。でも、信じ込んでいるうちにそういう運気になった気がします。

ということで、信じましょう(笑)
今年は楽しくてウキウキするようなことがたくさん起こる!

写真はムスメが撮ったものです。お年賀は言えないけど、まぁ気分だけでも…。

ということで「執筆地獄」に戻ります。あと6章!

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事