フロー型への転換点

2009年8月17日(月) 7:58:46

ツイッターで教えてもらったけど、このサンド・アニメーションはすごい。また泣いてしまった(笑)。同じヒトだとこれも素晴らしい…。

ツイッター、相変わらず浸かってみています(ボクのIDはこちら。フォローをどうぞ)。
やればやるほど、コミュニケーションの、なんか決定的な転換点のような気がしてくる。まだ始めてそんなに経ってないし態度保留状態ではあるけど、なんかちょっと「怯え」に近いものが心の奥にある。価値の転換点に特有な「怯え」。

どう言えばいいかな。小難しく言えば「ストック型からフロー型へ、人の生が変わっていく転換点」な感じかもしれない。

長く人類はストック型だった。固有財産もそうだし、知識や知恵も脳の中にストックしていく生き方だった。本だって本棚にストックしていくし、メールにしてもサイト(ブログ)にしても言葉や想いをストックしていく(もちろん例外もあるが全体の流れとして)。ストックすることは人として本能に近い自然な感情だったと思う。

でも、ツイッターに浸かってみると、強制的に「フローの奔流」に晒され、いままでのストック型生活と違う価値が一気に自分の中になだれ込んでくる。
生活も想いも言葉もフローしていく。つまりは人生が果てしなくフローしていく。切り取り方によっては自己の軽量化・細分化・断片化とも言えるのだが、でもそんなネガな感じではなく、「フローでいいじゃん」というポジな感覚が沸き起こってくる。だってそもそも人生ってフローだよね?みたいな。ストックしたってあの世まで持って行けないし?みたいな。

ここでフロー肯定になっちゃうと「いままでのストック型人生は何なんだ!」ということになるから、きっと個人的な「怯え」があるんだろうな。世代的にもどっぷりストック型だし。サイトにもどっぷりストックしてきたし。その辺、若手にはない根源的「怯え」がある。

もちろんフロー型の先例はいろいろあるし洗礼も受けてきた。WEB2.0やクラウドや集合知や知識の外部化にしたってフローな部分は多い。また、ツイッターにだってストックな部分はあるし、個人個人の使い方によってずいぶん違ってくるだろう。だから急に「怯え」だしたわけではないし深刻でもない。でもさ、なんか今回はわりと決定的な気がして。

ツイッターが持っている「決定的にフローな性格」は、普及すればするほど人の生に影響を与えるだろうし、コミュニケーション自体も根源的に変えてしまうかもしれない。もっとレポート的でイベント的で忘却的な何か。

というか、ツイッター的フロー型価値観が普及すると、たとえばストック型価値観では蔑まれがちなホームレスな人々(ストックを持たない人々)とかの立ち位置も変わってくるかもね。フロー型的にはアリでしょ。
じゃあ、そういう時代に「物欲を煽る」ってどういうこと? 広告コミュニケーションはどうなる? その辺を自分の中でしっかり解決しておかないと、なんだか本業的にも先に進めない感じ。ホント、先に進めない。もう少しどっぷり浸かって考え続けたい。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事