みずの実

2008年10月 3日(金) 7:42:50

昨晩行った店にも「みずの実」があった。
みずの実。東北の方の山菜で晩夏が旬。茎の部分に実がついている独特な山菜。シャクシャクした食感で実にうまい。東京ではまだ知らない人が多いが、数年前から「みずの実」を出す割烹や居酒屋がポツポツ出てきた。今年は3軒目の出会い。初めて食べてからボクはずっとみずの実のファンで、メニューにあったら必ず頼む。

みずの実を食べつつ、昨晩は珍しく会社談義。
新たに部長になった後輩とふたりで飲んだのだが、彼の悩みや不安がびんびん伝わってきて、こちらも妙に熱心に自分の体験などを語ってしまった。食事の場で会社の話とかほとんどしないので(消化に悪いし)、逆に新鮮。しゃべりながら、あぁ自分はこんなこと考えているんだ、と自分の思考を確認した感じ。

なるほどこうやって世のオヤジたちは会社談義・仕事談義・人事談義をするのだなぁ。
麻薬(やったことないけど)みたいに気持ちがいいのも少しわかる。だらだらと仕事周辺の話をしていると変なカタルシスがある。でもやはり封印しよう。仕事が終わったら、なるべく仕事と関係ない人と食事をし、仕事と関係ない話をする(結果的に後で仕事につながることはあるが)。ずっと心がけてきたこの方針は、こういうちょっとしたカタルシスから崩れていく。

仕事相手と飲まないわけではない。クライアントとも飲みに行くし、先輩とも後輩とも飲む。でも会社談義や仕事談義、人事談義はなるべく封印。

社外の人間と飲め。社内の人間とばかり飲んでるヤツはバカと思え。

この言葉の効果を、四半世紀くらい会社にいて、いま改めて実感している昨今ゆえに。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事