ぼくたちは何だかあっという間に消費しちゃうね

2008年9月 3日(水) 6:43:26

昨日の夜、みんなで打ち合わせしながら「福田首相辞任」の話になった。

「でもさ、一国の首相が辞任するという大事件なのに、たった1日で、もうなんだか遠い出来事みたいだな」
「そうそう。なんか遠い」
「安倍さんの時はまだ謎があった分、興味が継続したけどね」
「今回は謎がない分、あ、そう、と頭の中の引き出しにしまってオシマイ、ハイ次って感じ」
「北京オリンピックなんかずいぶん昔みたいだ」
「昔だったら1ヶ月くらいはオリンピックの話してたけどなぁ」
「もう今頃その話してるのって相当ダメな感じだよね」
「福田さんの話題が『今頃感』あるくらいだからなぁ」

「明日の広告」でも書いたが、1994年から2004年までの10年で世の中に流れる情報量は410倍になった(総務省情報流通センサス報告書より)。
たとえば街を歩いていて10個の情報、看板とか人の顔とか音楽とかに接していたのが、たった10年で4100個に増えたということである。それに比してヒトが処理できる情報量は10年でほとんど変わっていない。つまり我々は9割9分以上の情報を処理できずスルーしていることになる。どんなに重要な情報もスルーせざるを得ない。そのうえ次々に新しい情報が押し寄せるので興味や関心が長続きしない。

その典型のような感覚だ。たった1日であの大事件がずいぶん過去になっている。年末によく「今年の重大事件」とかの特集をTVで見て「あれ? この事件って今年のだっけ? ずいぶん昔に思えるなぁ」とか思うことはみなさんもよくあると思うけど、その感覚が年々加速して行っているような感じ。

情報消費のスピードがどんどん加速し、スルーする情報も日々増えつづけ、物事のほとんどは他人事と化し、世間のたいていのことに無関心になっていく。なっていかざるを得なくなっている。

もちろん「自分」という情報も、あっという間に消費されていく。

そういう社会に暮らしている人間は自分の存在をどう位置づければいいのか。どう自我をキープすればいいのか。その辺に今起こっているいろいろな問題の根っこがある気がする。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事