体調上向き(予定)

2008年9月 1日(月) 6:42:38

恐る恐る体重計に乗ったが、イタリア出発前よりむしろ減っていた。79.5キロ。良かった。野菜やフルーツを多用するイタリア。意外と肉も食べなかったし(ハムはいっぱい食べたけど)、リストランテなどでも昔と違って量が少なくなっているようだし、もう「太る国」からはとっくに脱皮している模様。ただ、ジェラートをいっぱい食べちゃったのでちょっと不安だった…。

夏風邪の咳はほぼ治った。
出発前はまだ相当ひどく、会社の医務室でもらった薬を大量に持って行ったほどなのだが、旅の中盤くらいから急に治り始め、いまではたまに出る程度。咳には1ヶ月弱苦しめられたのでこれはうれしい。空気はだんぜんイタリアの方が乾いているので喉には良くないが、田舎に行っていたせいもあり空気が良かったのかも。

体調が戻ってきたことを受け(今後、旅行の疲れやたまった仕事で疲弊してまたボロボロになる可能性もあるけど、とりあえず)、エクササイズ&プールを復活させるつもり。体重は低値安定だが、筋肉が減って贅肉が増えているのをお腹のプヨプヨで感じる(笑)。せっかくビルドアップした体型をここ1年、ちょうど「明日の広告」執筆あたりからのバタバタで台無しにしてしまったので、もう一度ビルドアップにかかろうと思う。9/1と区切りも良いし。

9/1と言えば防災の日。
しつこいかもしれないけど、「地震が起こったら、まずこれをしろ!」「地震が起こる前に、これだけはしておけ!」にリンクしておきます。ボクの個人的大震災体験を綴ってます。

ついでに。いま売っている「週刊文春」で書評を書いています。ジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんの「仕事道楽」の書評。ご興味ある方はお読みください。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事