お酒解禁

2008年6月12日(木) 9:14:22

うれしいニュース。
「ちりとてちん」のDVDが、「おしん」を抜いて、朝ドラの中でトップに躍り出たらしい。17000セット。「おしん」(少女編)が9000セットらしいから、倍近い。まだ発売後数日でこれだから、もっと伸びるかもしれない。関東地区の平均視聴率ワースト1の汚名返上。DVDを買ったひとりとして素直にうれしいな。というか、こんなことに一喜一憂させてくれるドラマは(ボクの中では)これしかない。

そんなニュースに打ち震えながら(って、昨日と同じつなぎの言葉)、昨晩はお酒解禁日。
たった1週間弱の禁酒で済んで本当に良かったけど、まだどこかで慎重な気持ちも残っており、気をつけながら飲んだが、グラスのスプマンテを皮切りに、ふたりで赤ワイン2本は解禁日にしては飲み過ぎか。それでやめとけばいいのに、〆にモヒートを2杯。おかげでやっぱり二日酔い気味。弱っ。

昨日、ちょっと重い仕事を乗り越えたので、夜の飲みは楽しかった。夜半から雨。深夜すぎの雨は好き。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事