寝そびれた

2008年1月 9日(水) 5:09:45

あぁ寝そびれた。ほぼ完徹。
ベッドに入ってから「あぁこれは眠れないかもなぁ」と予感はあったのだが、ちょうど考えたいこともあったのでそのままベッド内でぬくぬくしていた。考えているうちに眠れるだろう、と。
でも眠れない。数時間経ってもまったく眠くならない。昨日は終業後にプールで1キロ泳いだのでカラダはそこそこ疲れているのにアタマが寝ようとしない。

そういえば年末に「就寝1時間前の電子メールのチェックは睡眠を妨げる」みたいな記事が新聞に載っていた。濃いエスプレッソ2杯分の不眠効果だとか。英エディンバラ睡眠センターの博士によると「コンピューターの光が、眠りを助けるホルモンのメラトニン分泌をやめるよう脳にシグナルを送ってしまう」らしい。でもそんなの日常なんですけど…。

昨日は寝る30分ほど前にわりときちんとエクササイズをしたのもいけなかったのかなぁ。腹筋とか背筋とか4セットやった。それとエキスパンダー。ある会社から「新巻鮭エキスパンダー」をいただいたのだ。写真の頭と尾の間がエキスパンダーになっていて荒縄を引っ張る(笑)

ま、そんなこんなで寝ていない。大学時代や入社数年目のころまでわりと深刻な不眠症だったことがあるが、あの頃は若かったから良かったものの、今年47歳になるカラダには堪える。いまから犬を叩き起こして早朝犬散歩にでも行って、朝ご飯を多めに食べて、数時間でもいいから二度寝をしよう。正確に言うと一度寝か。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事