ドタキャン

2007年10月11日(木) 9:03:24

様々な仕事案件が重なり、ついでに期初の事務作業も重なり、おまけに原稿〆切も重なり、なかなかなことになっている。

おかげで「夜の会食をドタキャンする」という、自分の人生的にはありえない事態を招いてしまった。
相手にも失礼な上に、お店にも大迷惑、悔恨の思いに会議にも集中できず仕事仲間にも申し訳ない、という三重苦。まぁ会食相手に必死にお願いして代打を見つけていただき、お店への迷惑はかからないで済んだのだが、普段「仕事よりメシ優先!」とか偉そうに嘯いているだけに相当心苦しい。

でも、代打が「急ぎの代打という口実で初めて誘えた高嶺の花」だったりして(会食相手は若い独身男性だったのです)、代打が縁でなんとかなっちゃったりして、そうしたらオレは仲人? とか、自分の失態を忘れてくだらん妄想してたけど(会議に集中せい!)

ドタキャンがもうひとつ。
今週末の沖縄行き(泣)

まぁ「危なそうではある」と、チケットとか押さえてなかったのが不幸中の幸いだったが、これまた同行予定の作家さんにご迷惑をおかけすることになってしまった。
昨日の夕方までは行く気マンマンでいて、安く行く手段もゲットしていたのだが、金曜夕方に「これに出ないのはサラリーマンとしてウンチだろう」という会議があるのが発覚し、その後もうひとつ重要案件が発生し、原稿〆切もあって泣く泣く断念。念を断つと書いて断念。あぁ、沖縄。

最近、仕事量を甘く見積もりすぎかも。気をつけよう。
あ、でも、この手のドタキャンはいままでの人生で3度とない珍事ですので、お誘いしてくださろうと思っている方々、もしくはすでにお約束している方々、ご安心ください。もうしません。たぶん。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事