アイン・ランド!

2007年5月11日(金) 6:57:29

アイン・ランドの「水源」が強烈に面白い。
二段組み1000ページという驚異的に分厚い本。数年前にメールで強く勧められて買うには買ったが(5000円!)、ボクもその分厚さにびびって買ってから数年おきっぱなしだったのだ。が、いざ読みはじめたら止まらない。止まらないというか、衝撃を受けることばかり。実はまだ半分しか読んでないのだが、すでに呆然としている。こりゃすごい。

アメリカでは1943年に発売された古典で、累計700万部超。「アメリカの一般読者が選んだ20世紀の小説ベスト100」の第2位にランクされているらしい。著者のアイン・ランド(女性)に魅入られた人のことを「ランディアン」とか「ランドロイド」とか呼ぶと言う。どうしていままで邦訳されなかったのか不思議すぎる本。日本初訳が2004年だ。この本に古典特有の(源氏物語的な)とっつきにくさがあるのならわかるが、とっつきにくさはほとんどなく、古さも全く感じさせない。ストーリーは手に汗握るし、主題も普遍的で瑞々しい。どうしてこんなに長く翻訳されなかったの?

まだ半分しか読んでないくせに熱く語るのも変なのでこの辺にしておくが、はっきり言って「20代で読みたかった」。ロマン・ロランを読まずして何の20代か、と言うのと同じ意味で、アイン・ランドも人間の精神が出来上がる時期にじっくり向き合っておくべき作家である。まぁ、でも、贅沢は言わない。生きているうちに読めてラッキーだ。ありがとう。そんな気持ち。あぁ続きがまだ400ページもあると思うだけでほんわか幸せな気分になる。読み終わりたくないなぁ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事