どっちになっても、それが正解

2007年2月 1日(木) 8:12:30

本番前夜の夜メシはやっぱ縁起物でカツかなぁと思ったけど、考えたら揚げ物を全く作らない家なのでパス。
となるとなんだ?と一家でダジャレ会議。「やっぱ牛でうっしっしとか?」「パスタでパスだ!」「うなぎで、ウ、凪。平穏無事な感じ」「鯛よ鯛。受かりタイ!」「カリフラワーで受かりフラワー!」「ごぼうでごぼう抜き!」……。全部つまんねぇ。というか食材単品かよ。却下。ダジャレはやめて普通のごはん。

娘は全くいつも通り。のだめの録画見て、勉強して、ベッドに入ってすぐに寝た。よくすぐ寝付けるな。あ、寝る前にメッセージ・メモをもらった。3年間勉強ありがとう、みたいな。なかなか泣かせる。

泣かせると言えば、お励ましメール、たくさんありがとうございます。
他人のガキなのに様々な温かい応援のお言葉。本当にシアワセもんです。

もう「ある時期ちゃんと努力する」という目的は(たぶん)達成しているので、親としては落ちても受かってもどっちでもいいやという心境。たぶんどっちになってもそれが「人生の正解」。
ボクもいままで不本意なことがいろいろあった。わかりやすいとこでは、国立大落ちて私立大に行ったり、会社も大阪配属でがっくりきたり。でもそれらがあったから今の自分があるわけで、結局正解だったのだ。国立行ってたら…。東京配属だったら…。きっとものすごく不幸になっていたに決まってる。うはは。

もし受かったら「そっちの方がいい人生」。もし落ちたら「そっちの方がいい人生」。
そんなことを軽く話して会場へと送り出した。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事