背水の陣

2006年11月16日(木) 8:28:25

娘の受験まであと2ヶ月半「どうせならボクも英語を猛烈にやるぞ計画」はいまのところ順調である(つか、まだ半月だし)。朝に晩に娘とリビングのテーブルに並んで必死にコリコリやっている。

いままでの英語勉強法で「インプットが少ないくせにアウトプットしようとしていた」ことを猛省し、3ヶ月コースとして「やった感」も重視して、「原書一冊精読・復読 & 出てきた単語をかたっぱしから単語帳作って暗記作戦」に取り組んでいる。選んだ原書(NYを舞台にした現代小説)は赤鉛筆で真っ赤。単語帳はみるみる埋まる。よくぞこんな貧相な語彙力でリスニングとか英会話とか勉強してきたものだと呆れるよ。今回挫折したら娘に顔向けできないのでわりと必死。辞書と首っ引きでカリカリシコシコ、リビングで娘と隣りあって集中してやっている。これは狙いでもある(娘の刺激になるように。苦労して勉強してるのは自分だけとか思わないように)。

ちなみに娘はリビングのテーブルで勉強することが多い。
うちではリビング(兼ダイニング)が最大活用されていて、ボクの作業スペースも妻の家事スペースもリビングにある。娘だけは自分の部屋があるのだが、そっちにこもるよりリビングで勉強することの方が多い。その方が家族の目も届くし会話もできるし良いと考えている。

まぁそんなことより、今回挫折したら二度と娘の前で偉そうなこと言えないぞ。自分的には相当背水の陣なのである。その上ココでも書いて自分にプレッシャーをかける。絶対やり抜けよ、オレ!

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事