発熱中

2006年2月17日(金) 9:51:17

久々に発熱。
昨日の午前中からどうも調子が悪いと思っていたが、まぁ今週は出張もあったし疲れだろうと気にせずにいた。が、昼一に某新聞社の勉強会で講師役をやっている最中に不調が明確に感じられるようになり、終わった頃にはすでにフラフラ。会社に帰って仮眠室に行こうと思いつつとりあえずデスクでメール作業などしているうちにいつのまにか気を失うように1時間熟睡。まぁこの熟睡のおかげで少し回復したものの、近来稀に見る調子の悪さに少し気弱になり、人間ドック施設などを検索して予約手続き。

とはいえ、夜は約束があって、ふぐ「小やなぎ」へ。
ちょっと無理かもなぁ、と思いつつ、「うまいもの食べたら意外と治ったりして」とか淡い期待を込めつつ向かった。

無理をおして向かったのには訳がある。ブルゴーニュで日本料理店「媚竈(びそう)」をやっているご夫妻が来日中で、一緒にご飯を食べることを前から楽しみにしていたのである。特に奥さんには優子がフランス滞在中に大変お世話になったし。

お会いしてみたら(ボクは初対面)やっぱり予想通りに楽しく、意外な共通点もあったりしてあっという間に3時間。あー面白かった。相変わらず雑炊うまいし。で、「おや? 調子が戻ったか? やっぱうまいものと楽しい会話が最大のクスリだなぁ」とか思って店の外に出た途端オカンが襲ってきた。時々オトンも。ってリリー・フランキーかよ。悪寒だ悪寒。

寒くてたまらない。ガクブル。帰宅後とりあえず熱を測ったら、アララお久しぶりな体温。すぐ寝たが、寝る直前に「ウェブ進化論」を少しだけ読んだせいかグーグルに支配されてる夢を見た(ホント)。超細分化され極小単位で整理された情報が、今度はグーグルによって分類され定型化されてしまう夢。突き詰めきったIT民主主義はかえって共産主義に近くなっていくという夢。なんちゅう理屈っぽい夢や。あぁつらかった。

今日はとてもじゃないけど仕事に行けない。1日寝ます。申し訳なし→各方面。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事