ギエム様の「三人姉妹」

2005年5月 7日(土) 8:28:17

昨晩はギエム様。「三人姉妹」「カルメン」「田園の出来事」の三舞台。特にアンソニー・ダウエルとニコラ・ル・リッシュを相手に踊った「三人姉妹」の素晴らしさ…。魂抜かれました。まいった。今まで観た中の一番かも。モスクワで観たニーナ渾身の「白鳥」以来の感動。ギエムってギエムって…。
男に翻弄されるときの表現など、もうバレエを超えていて、いや女優の演技をも超えていて、なんつうか、ダンスと演技が融合して別次元に行っちゃったような、いまやギエムしか出来ない孤高の芸術になっている。あぁ眼福体福。この身全身で世界トップの瞬間芸術を浴びさせてもらいました。

買ってもらった席も良かった。1階の22列。10人横くらいに藤原紀香がいて、舞台ではギエム様、休憩時間は紀香様を拝むという贅沢。周りは東京バレエ団の面々がズラリ。踊り終わった外国ダンサーとかも横に来たり。いい夜だった。帰宅してからはギエムのDVD観ながらワイン。次は7月に「マノン」であるな。

つか、バレエ好き以外引いてます? うはは。ボクもこうハマってくるとは思わなかった。悪いこと言わんから一度観てみんさい。

ところで尼崎脱線事故。マスコミは調子に乗るのやめろ。JRにはちゃんと仕事している人もたくさんいる。プロとしてきちんとボクたちを運び続けてきてくれた。世界一正確な運行を誇りに思う側面もあろう。なのになんだあの態度。やりすぎ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事