トップ > 座右のCD > ポップス > 「マイティ・シックスティーズ」vol.1〜10 +2

「マイティ・シックスティーズ」vol.1〜10 +2

Mighty Sixties」vol.1〜10 +2
All American Hit Pops In 1955-1964
1985年発売/WAVE


このシリーズ、いったいいままで何回聴いたことでしょう。

60年代のアメリカン・ポップスに異様に凝っている時期がありまして、とにかくしょっちゅう流していました。
朝は元気にさせてくれるし、昼は前向きにしてくれるし、夜はやるせなくしてくれる。
この12枚があったら無人島にも行けるな、なんて思っていました。


あぁ、まだこのCDシリーズの紹介をしていませんでしたね。
副題に「All American Hit Pops In 1955-1964」とあるのでわかるとは思いますが、これは60年代アメリカン・ヒット・ポップス全集とでも言うべきもので、正確に言うと1955年から1964年までにヒットしたアメリカン・ポップスを集めた企画ものなのです。
正シリーズが10枚160曲。それに「マイティ・シクスティーズ・サップルメント」が2枚32曲。で合計192曲。ここまでは持っています。このあとサップルメントがいくつか続いていたような気がするけど、持ってはいません。

とりあえず聴きまくったのはこの12枚。
当時で1枚3200円してましてそれが12枚だからちょっと財布が痛い。けどこんだけ聴きゃあ元とったぜ、ってくらいは聴きました。


早い話「アメリカのナツメロ」ですよね。
ボクは日本人ですし、これらが流行った頃は誕生前後のことですから、もちろんリアルタイムでのヒットを知っているわけではありません。ですから懐かしい、という気持ちで聴いたことはないんです。それぞれの曲が新たなる発見でした。

そういう新鮮な耳で聴くと、60年代ポップスってお宝の山なんですよ。

本当にバラエティに富んでいてメロディラインもきれい。アレンジも面白いし歌い手も個性的でインパクトが強いんです。そんでもって何曲かに一曲はぶっちぎりの名曲。大ヒットしたものってやっぱりそれなりに魅力ありますからね。
そんな風に発見を重ねていくと12枚まったく飽きが来ません。

1955年の「ロック・アラウンド・ザ・クロック」から始まって「ビー・バップ・ア・ルーラ」「雨に歩けば」、「16トン」「火の玉ロック」「ロリポップ」コニー・フランシスの一連、ポール・アンカやニール・セダカの大ヒット曲、「オンリー・ユー」「ホワッド・アイ・セイ」「ダイナマイト」「悲しき16 才」。1960年に入って「悲しき足音」「ベイビーフェイス」「オンリー・ザ・ロンリー」「ポエトリー・イン・モーション」「ローハイド」「ビキニスタイルのお嬢さん」「ハロー・メリー・ルー」「悲しき街角」「ルイジアナ・ママ」「恋の売り込み」「ライオンは寝ている」…………いやぁ全部抜き書きしようかと思ったけど、まだ5巻目。とにかくお宝の山なのですよ。


いま思い出したんですが。
ピンクレディの名アルバムに「SUMMER FIRE '77」というライブ盤がありまして、その中でオールディーズをいっぱい歌っているんです。
「ブラック・イズ・ブラック」「ラブ・ポーションNO.9」「ホワッド・アイ・セイ」「アンチェイン・マイ・ハート」「ルート66」「ダイナマイト」「ジョニー・ビー・グッド」「ロックンロール・ミュージック」…… 当時16歳だったボクはこのアルバムを耳が腐るほど聴いていたのをいま思い出しました。ボクのシックスティーズ好きはここに始まったんですね。そうかそうか。


余談はさておき、上にも書いたけど「朝は元気にさせてくれるし、昼は前向きにしてくれるし、夜はやるせなくしてくれる」CDなんてそうはありません。
特に、若くて60年代に何の知識もない方には大お勧めしますね。
ドラマの主題歌やCMなんかにもリメイクしてよく使われますよ、シックスティーズ。
是非聴いてみてください。

なお、フィフティーズもシリーズで出ていた気がします。
両方ともいまでも売っていると思うけど…六本木のWAVEが出しているようです。
探してみてください。

※現在は廃盤のようです。残念!



【1997年7月記】

1997年07月01日(火) 20:56:09・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール