トップ > 座右のCD > Jポップ > 柳ジョージ&レイニーウッド「YOKOHAMA」

柳ジョージ&レイニーウッド「YOKOHAMA」

YOKOHAMA
Yanagi George & Rainy Wood
1979年発売/BOURBON RECORDS

amazon


高校3年生の夏休み。

横浜の保土ヶ谷で居候していたボクは、横須賀の市立図書館に毎日通って勉強していました。
涼しいし周りがみな勉強しているというのは受験生にとって最高の環境です。
出たばかりの参考書の名作「英文解釈教室」(伊藤和夫著…この前亡くなったそうですねぇ…感慨)をこの夏中に読んでやる、と意気込んでいました。意気込みだけで終わりましたが。


高校がある渋谷まで、横浜から東横線を使って通っていました。
学校帰りにブラブラするのは渋谷か横浜。でも8割方横浜でしたね。特に西口のダイアモンド地下街、相鉄ジョイナス、駅ビル…その頃は我が庭状態でどこでも目をつぶって歩けるほどでした。

「YOKOHAMA」という題名のこのレコードを買ったのも、そんな「横浜は俺の庭」意識のたまものだったのかもしれません。特にレイニーウッドが好きなわけでもなかったし。
横浜のレコード店でこれを見つけた時「俺が買わんで誰が買う」って偉そうに思ったんですよね。
「横浜の主である俺を差し置いてこんな題名付けるんじゃねぇ!」ってなもんです。まぁ高校生の世界観ってそんなものでしょう。


一聴、はまりました。
1曲目の「プリズナー」から「コペンハーゲン・パーク」「パブ」「港亭」「ヘイ・ダーリン」「本牧綺談」「フェンスの向こうのアメリカ」……名曲揃い。
改めて聴き直すとちょっと一本調子かなとは思うのですがそれぞれ良く出来ています。ブルージーな曲想としゃがれ声。ほんのり漂う異国情緒。日本社会への違和感、コンプレックス。そしてアメリカへの強烈な憧憬。今でもなかなか新鮮で共感できるものがあります。
特に「プリズナー」と「本牧綺談」「フェンスの向こうのアメリカ」が好きかな。

でも「アレ?全然横浜が出てこないじゃん」って「横浜の主」は憤慨したのでした。
その頃のボクにとって、前述のように[横浜=横浜西口]だったんですね。だから本牧や横須賀の存在を意識していなかったのです。
聴き込むうちにだんだん分かってきました。そりゃ外人墓地も行ったことあるし元町もよく遊びに行った。でもそこらとも違うYOKOHAMAのことを歌っているらしいと。

本牧、横須賀あたりが空白だったボクはそれからやっとそこらへんの特殊性を悟り、おっかなびっくり探検するようになったのです。


で、やっとはじめの話に戻ります。


高校3年生の夏休み。
ボクは、いや正確に言うと、「ボクの居候先の祖父母達は」、横須賀の市立図書館に毎日通って勉強していました「と思っていました」。
そう、ちゃんと通ってはいました。でも勉強をしていたかといわれると、真っ赤な嘘ですね。半分以上の時間は、本牧、横須賀の散策に当てられていたのでした。

まず図書館行って席を確保して参考書類を机に置く。で、そのまま身軽にお出かけする。今日は本牧、明日はドブ板。口元にはもちろん、柳ジョージ&レイニーウッドの「YOKOHAMA」。

そりゃ「英文解釈教室」なんて読了するわけないのです……
そして、自称「横浜の主」は、当然のように浪人生活へと突入するのでありました。


ちなみにこのあと出したシングル「青い瞳のステラ〜1962年夏」も大好きです。
これが入った2枚組みのLPも買ったなぁ。でもそこまで。柳ジョージって曲想変わらないからちょっと飽きるんですよね。「YOKOHAMA」という大傑作アルバムを世に出しただけでも良しとしなければ。



【1997年6月記】

1997年06月01日(日) 21:56:38・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール