トップ > 座右のCD > Jポップ > 寺尾聡「Reflections」

寺尾聡「Reflections」

Reflections
Terao Akira
1981年発売/東芝EMI

amazon


1981年(昭和56年)。

ボクにとってはこの年の3月に「ピンクレディ解散」という歌謡界大事件があったのですが…。

そんなこととは関係なく松田聖子が前年末からヒットを連発し始め(前年末といえばジョン・レノンが撃たれたのも前年。山口百恵が結婚したのも前年)、近藤真彦もばんばんヒットを飛ばし、チャールズとダイアナが結婚をし、向田邦子の乗った飛行機が落ち、福井謙一がノーベル賞を受賞したのがこの年。

「長い夜」「ハイスクールララバイ」「メモリーグラス」「恋のぼんちシート」「みちのくひとり旅」「セーラー服と機関銃」「ペガサスの朝」なんてのもこの年流行りましたよね。


そしてこの年、ボクは二十歳。


ポール・ニザンは名著「アデン・アラビア」のなかで


ぼくは二十歳だった。それがひとの一生でいちばん美しい年齢だなどと誰にも言わせまい。

と、なんとも美しい文言でこの年齢の危うさについて語っているけど、ボクにとって二十歳とはまさに明と暗、ひとりの世間知らずのわがまま青年がなんとか第一次脱皮をしようとジタバタのたくった「とても美しい年齢」とは言えない年でもあったのでした。


わかりやすく出来事として語れば、

一浪のすえどうにか大学合格=明
腹膜炎で生死の境をさまよう=暗

みたいなことがこの年に起こり、人生がドラスティックに変わったのがこの年なんです。
浪人というトンネル(目標が明確なトンネルなのでわりと明るいトンネルだったけどね。駿台といういい予備校にも恵まれたし)を抜けて世の中が明るく輝いていた春、そして沖縄なんかで友達と遊びほうけた夏。
一転、腹膜炎で緊急入院したのがその沖縄直後(このへんの話はなかなか教訓含みなのでそのうちコラムにします)、「あと3時間手術が遅かったら死んでました」と医者に言われた衝撃と長くつらい入院生活。

浪人という束縛から逃れた途端、もっと過酷な束縛をうけ、生と死を否応なしに考えさせられ、しかもまわりのベッドには二十歳の若者が見なくてもいいような様々な人生が溢れている。
二十歳という年齢のうすっぺらい人生観がペリペリ剥がされていく毎日。
剥がされる方はムダ毛を剥がすみたいなもので(やったことないけど)、とにかく痛かった思い出しかないのでした。



お〜い、テラオアキラはどうした〜!



ごめんごめん。
いや、なんでこんな話をしたかって言うと、そんな僕の二十歳の明暗を見事に対比させてくれた二つのアルバムがあったからなんです。ここでやっと寺尾聡登場。

大瀧詠一「A LONG VACATION」=明
寺尾聡 「Reflections」     =暗

あの頃の「明」を思い出したければ大瀧詠一を聴けばいいし、あの頃の「暗」を思い出したければ寺尾聡を聴けばいい。そのくらい見事に印象が合致している、ボクの二十歳の2枚なんですね、これは。

前者は、沖縄、健康的、若さ、悩むだけ時間の無駄、明るい未来への期待、の象徴。
後者は、入院、不健康、大人、いったい人生って?、明日への苦しい脱皮、の象徴。

いや、寺尾聡のアルバムも、それ自体は別に暗いわけではないのです。ハバナの浜辺を歌った歌も入っているくらいで。
ただトータルとして暗い大人の夜を演出はしていますよね、このアルバム。

夜の匂い、トレンチコート、バーボン、シガレット、夜景、大人……
こういったいかにも大人の雰囲気が、入院してシニカルになっていたボクの琴線のどこか触れたのかもしれません。



それにしてもよく出来ているアルバムです。
シングルカットした超大ヒット「ルビーの指輪」、そして「シャドーシティ」「出航 SASURAI」は語るに及ばず。
とにかく入っている曲がすべて奇跡的な出来。
「HABANA EXPRESS」「渚のカンパリ・ソーダ」「喜望峰」
「二季物語」「予期せぬ出来事」「ダイヤルM」「北ウイング」
どれもとても完成度が高く、実に感服ものなのです。

それまで寺尾聡と言えば宇野重吉の息子という程度の認識しかなかったのが、いきなりアーティスト。そういえばサベージのメンバーだったらしいね、なんてささやかれる程度の人だったんですけどねぇ。とにかくこのアルバムの完成度からするととんでもない逸材なんだろうとボクたちは期待したものです。

まぁその期待も次作の「Atmosphere」でちょっと萎んでしまったのだけれども。

ちなみにシングルカットの「ルビーの指輪」は毎週毎週TBSの「ザ・ベストテン」に出てきて、最後には「ルビーの指輪・ソファ」まで番組からもらってしまったりして、オリコンでは10週連続1位。とにかくすごいヒットしたんですよね。もう向かうところ敵なし。こういう状態って「ダンシング・オールナイト」以来だった気がします。

……余談になりますが、そんな「ルビーの指輪」でも135万枚しか売り上げていないんですね。すぐ200万枚行ってしまういまの状況と比べるとかなり質素です。まぁいまが異常なのだろうけど。


とにかくボクの二十歳の暗の部分を象徴したこのアルバム。
いまでも聴くと涙が滲んでしまいます。
皆さんにもそういうアルバム、ありませんか?


それはそうと、ボクは当時20歳だったせいもあって、寺尾聡ってずいぶん歳とっているというか、大人っぽい印象があったんだけど、今調べてみたら、当時彼は34歳なんですね!
いま36歳の僕からみると、え〜!って感じだけど。
34には見えないなぁ。34であんな渋い歌歌っていたのか……まぁ歌っちゃダメということはないのだけどね。40歳は越えていると思っていたよ、まったく。



【1998年1月記】

1998年01月05日(月) 22:05:44・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール