トップ > 座右のCD > Jポップ > 松田聖子 「Pineapple」

松田聖子 「Pineapple」

Pineapple
Matsuda Seiko
1982年発売/CBSソニー

amazon


最初に断っておきますが、ボクは松田聖子をアイドルとしていたわけではありません。

どっちかと言ったら嫌いなタイプ。全然ときめきません。
でもね、アルバムはね、いいんですよ〜。友達の車でドライブしているときに聴いて「お、これは気持ち良い」と知り、当時(1982年だから大学2年生)はよく聴いていました。こんなにドライブに最適なBGMもないかもしれません。
しかも、予想外だったことに、ものすごくレベルが高いんです。当時のJ-POP界を引っ張っていたといっても過言ではないレベル。

だって作詞作曲陣がものすごいんですよ。

例えばこの「パイナップル」というアルバムを例にとっても、全曲作詞は松本隆。
で、作曲陣は、来生たかおが3曲、原田真二が2曲、財津和夫が2曲、呉田軽穂(松任谷由実)が3曲、の計10曲。たかがアイドルのアルバムですよ。そんでもってこの作詞作曲陣。

いったい何だったんでしょうね。

しかもそれぞれの曲がとても良く出来ているんです。
見事に冒頭のワクワクを演出する名曲「P・R・E・S・E・N・T」をはじめ、シングルになった「渚のバルコニー」「赤いスイートピー」、そして松田聖子のあらゆる曲の中でボクがもっとも好きな曲「水色の朝」(松田聖子らしさが良く出た名曲。ずっとこの路線で行って欲しかったなぁ)…。
この4曲だけじゃないんです。本当にそれぞれがとてもバランスよく配置され、アルバムとしてものすごくレベルの高いものになっていると思うのです。


で、本当にドライブに合う。

当時、湘南のドライブはサザンかユーミンか元春だったけど(う〜、はずかし)、松田聖子はね、環七とか中原街道、第三京浜とかいったちょっと‘ださめ’が合うんです(東京ローカルですいません。関西なら…171かな)。
現実感がなくて適度に垢抜けてない、そんな彼女の微妙なバランスがしっくり来ました。全部長調の曲なのも気持ち良いし、何にも考えなくていい気楽さがまた良い。

日本の女性POPSってそういうとこありますよね。松田聖子、EPO、門あさみ、須藤薫、中原めいこ、麗美……そういう意味ではかなり重宝してました。


わりと周りの大学生は男も女も松田聖子を聴いていたような記憶があります。
誰の車にも松田聖子のカセットが載っていたし。ボクの周りだけかな。でも同年代の人はきっとわかってくれると思います。あの頃なんだか不思議に流行りましたよね。

この名盤以外にも「CANDY」「風立ちぬ」「ユートピア」「ノース・ウインド」「シルエット」「スコール」……松田聖子って結局恵まれた人だったのね、っと納得してしまうようなレベルの高いアルバム揃い。


確かに彼女は歌うまいのです。
でもね、まだ声量がそれ程でもないのを可憐さで補おうとしていた1982年頃(デビュー3年目くらい)の歌い方がボクは一番好き。
最近はうまさを強調しすぎた感じで魅力に欠ける気がします。生き方も含羞が足りない(笑)。人間は分(ぶ)を知ることが大事だと思うのですが、松田聖子の分はあのあたりのような気がします。あの頃の「ちょっとぶりっこなアイドル歌手」という分。

おっと危ない。今回はそんなことを書こうと思ったんじゃないんだ。

とにかくこの「Pineapple」は最高のアルバムです。
アイドル物でこのアルバムを抜ける物があるだろうか……というレベルなのです。

ということで。


【1997年2月記】

1997年03月01日(土) 21:51:19・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール