トップ > 座右のCD > Jポップ > オフコース「FAIRWAY」

オフコース「FAIRWAY」

FAIRWAY
Off Course
1978年発売 東芝EMI

amazon


「ワインの匂い」にするか「SELECTION 1973-1978」にするかコレにするか、迷いに迷ったんだけど、やっぱりコレにします。

「FAIRWAY」。

コースを外れている人(Off Course)がフェアウェイ(ゴルフで言うならコース中央の芝が刈ってある部分のこと)なんていうアルバムだすのは変だよな、というのが第一印象だけど、でもオフコース中期の中では傑作の部類にはいるのではないでしょうか。

「SELECTION 1973-1978」というベストアルバムで初期を締めくくって、その次の「FAIRWAY」から3人(清水仁・大間ジロー・松尾一彦)を表だって演奏者に加えて、この次のアルバム「Three & Two」で正式にオフコースは5人になったんだけど、そういう意味では小田和正と鈴木康博が2人でやっていた最後のアルバムになるんだよね、コレ。

なんというか、マイナー臭が抜けてメジャーな感じになってきたのもこの頃から。

上昇気流に乗り出した高揚感がOff CourseをしてFAIRWAYという題名をつけさせたのかもしれません。



ボクは高校2年くらいから(「SELECTION 1973-1978」が出た頃から)親しい友達の影響でオフコースを聴き始めたんだけど、どこかで“四畳半哲学”を感じさせた他のフォーク・ニューミュージックに比べて、透明感というか、生活臭があまりにないそのサウンドにびっくらこき、そして拒絶感を持ったのを覚えています。

カトンボみたいな歌歌ってんじゃねぇ〜!

でも親友がひたすらファンで、聴き続けるものだから、だんだん影響されて・・・聴きこんでいくと、例えばブレッド&バターが持っていた乾いた透明感とはまた違う、彼らのウェットさに気がついていきました。

誤解を恐れずに言えば、小田和正って嫉妬深いよね。
その分、嫉妬の風が胸にザーと吹くときの気持ちを歌わせたら天下一品。
あと、大林宣彦にあるような「時が過ぎゆくことへの愛しさ」も彼の重要主題。小田和正はそれを季節で表現するのが好きですね。「僕の贈り物」「夏の終わり」「秋の気配」・・・

そんなこんなで、透明感のあるサウンドの裏にある意外なほどじとっとしたローファイさを知ってしまった頃には、ボクも立派なオフコース・ファンになっていたわけです。

で、この「FAIRWAY」がまたいいんですよ。
「あなたのすべて」から始まって「美しい思い出に」「いつもふたり」とマイナーなようなメジャーなような曖昧な魅力を持つ曲が続いて「夢」「この空にはばたく前に」。そしてB面は名曲「夏の終わり」から「季節は流れて」「失恋のすすめ」、そして名曲「去っていった友へ」・・・ラストは「心さみしい人よ」が終わって約15秒間ブレイクがあった後突然始まる「いつもいつも」。これはクレジットすらされていないから、最初聴いたときはびっくりしました。「アビーロード」のラストの「HER MAJESTY」をちょっと思い出す人も多いことでしょう。



次のアルバム「Three & Two」からはちょっとロックが入ってきて(入ってきた3人がロック畑だったこともあるよね)透明感が少し濁るんだけど、ボクはこの「Three & Two」以降のオフコースにあまり馴染めず、「FAIRWAY」以前のアルバム、つまり「JUNKTION」「SONG IS LOVE」「ワインの匂い」「秋ゆく街で」「この道をゆけば」「僕の贈りもの」とさかのぼって聴いていったわけです。

そういう意味では、ボクにとってオフコースはいつまでも小田&鈴木のデュオなんです(正確に言うと一番初期は地主道夫という人がいて3人だったけど)。
正式に5人になった「Three & Two」からはなんか違うバンドみたいな感じ。1982年に鈴木康博が脱退した時点で興味も失い、1989年にとうとう解散したこのグループの最後はまるで知らない。
本当に、「Three & Two」以降はいくつかシングルを知っているくらいです。




さて、恒例(?)の極私的ベストテン。
好きなのはいっぱいあるんですけど、やっぱり初期〜中期が多いですね。それと、小田和正のものばっかりになってしまった。鈴木康博のも好きなのいろいろあるんだけど。


オフコース・ソングス「極私的」ベストテン

1. 「夏の終わり」
2. 「あなたのすべて」
3. 「やさしさにさようなら」
4. 「秋の気配」
5. 「愛を止めないで」
6. 「いつもいつも」
7. 「こころは気紛れ」
8. 「ワインの匂い」
9. 「めぐる季節」
10. 「Yes-No」



わりと変わっているかも。
「夏の終わり」は・・・なぜか異様に好きなんだよなぁ。



【1999年3月記】

1999年03月01日(月) 22:15:27・リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール