">

歯を磨かないくらい気持ちの悪いこと

2012年6月16日(土) 18:54:46

ここ数ヶ月くらい、ブログが一日おきくらいになっている。

というか、今日なんか中三日だ。
ブログの更新は2001年秋からずっとほぼ毎日の習慣だったので、自分的には更新しないのは「歯を磨かないくらい気持ちの悪いこと」なのだけど、でもまぁそのくらい余裕がない日々だったということだ。

とても不得意なんですね。仕事の総量規制が。

つか、考えてみれば、食べ物の総量規制も不得意だw
「あとどのくらい入るかなぁ」とかいう発想があまりない。「食べてるうちに胃袋が広がるだろう」という発想で無理矢理詰め込む。そしてそのうち腹も減ってくるし胃袋も大きくなって食べられるようになる。

仕事も一緒で、「まぁまだ入るんじゃない?」とか思って受けてしまう。

まぁ入ることは入るんだ。
でも、その「入る」には「ゆっくり余裕を持って考える時間」とかが含まれてなかったりするのが甘いんだよなー。しかもそこに「思いもよらぬ緊急作業」やら「トラブル」、そして人間関係のことや家庭のことなんかも重なってくることを予想してない。

甘い!

先々週先週はそんな感じで、大きなプレゼン、普段のたくさんの仕事、いくつかの講義、大きな講演や出張講演、ゆっくり考えるべき企画作業、大事な会食、無視できない緊急作業、支援系の運営変更、小さなトラブル、家庭のこと、前から予定してたライブや舞台、などなど、いろんなことが重なりまくって、まぁ死んだですね。積み残しもたくさん。ストレスも溜まる。

というか、久しぶりに睡眠を削りまくって対応してたのも良くない。歳を考えないと!

で、なんとか、木曜の「デジタル・サイネージ・ジャパン2012」という大きめのイベントでの基調講演を最後に、そこから束の間の脱出をしたんです。

ということで、来週の月曜まで、金土日と、超休息中。

仕事の総量規制のために四国のマネージャーや仲間たちに見てもらってるけど、規制される本人(ボク)が「大丈夫じゃない?」とか言っちゃうと誰もそれ以上言えなくなっちゃうからなぁ。

反省してます(上機嫌に)。
仕事の総量規制は独立した人の大切な仕事&技能。覚えろそろそろ。

というか、独立した人間にとって「きちんと休むことも仕事」だ。

気をつけよう。
そしてもう一回寝よう。あー眠くてたまらん。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事