助けあいジャパンがサイト・リニューアルしました!

2011年8月18日(木) 8:48:15

震災直後に立ち上げて、これまでしこしことほぼ毎日更新を続けてきている「助けあいジャパン」のサイトですが、昨晩、2回目の大リニューアルを無事終了しました。

被災三県を中心に各市町村のボランティア・ニーズがわかりやすくひと目で見えるよう、マップを導入(順次、青森や茨城、長野なども追加していきます)。ボランティアを必要としている市町村を「赤色」で表示し、それぞれの市町村ごとに「被害・復旧状況」「ボランティアセンターの状況」などの情報を載せています。

まだまだボランティアはこんなに必要とされています。
ぜひ一度見てみてください。→こちら
気軽にボランティアに行ける「ボラツアー」の最新情報はサイト内のここで一覧して見られます。全部が一覧して見られるのはたぶんここだけ。

このように、依然たくさん必要なボランティアですが、今後、避難所の閉鎖とともにボランティアセンターも閉鎖するところが増えていき、全体に仮設住宅でのボランティア・ニーズが高まっていきます。

被災者が各地に分散し、ニーズも細分化していく仮設住宅でのボランティア。
そのニーズをどう発信していくか。これにいま頭を悩ませていますが、道筋は見えてきたと感じています。なんとか頑張っていこうと思いますので、これからもよろしくお願いします。


なお、ここまでの作業は(震災直後からずっと)すべて無給無休でやってきました。
有志が集い、本業となんとか両立させながら、制作・運営・更新を続けてきましたが、数ヶ月ならなんとかなっても、数年単位でずっとその体制では持ちません。今後も長く復興支援情報を発信しつづけ、様々なプロジェクトを継続させるために、「助けあいジャパン」を一般社団法人化しようと思います。

今後、みなさまに運営のための寄付などのご協力をお願いすることも出てくるとは思いますが、そのときはよろしくお願いします。


何はともあれ、佐藤澄子リーダーを中心にした「サイト・リニューアル・チーム」のみなさん、長く大変な作業(さりげなく見えますが、これだけのサイトを無償で作り運営していくのはかなりの難作業なのです)、本当にお疲れ様でした。ボクが言うのもなんですが、素晴らしいサイトにリニューアルできたと思っています。ありがとう!

p.s.
このサイトの中の「現地からのレポート」というコーナーは、フジテレビ「スーパーニュース」と連携していますが、そこで放映されたコンテンツが今後こちらでいつでも見られるようになりました。テレビのニュース映像がオフィシャルにずっと見られるようになるのはわりと画期的なこと。ぜひご覧下さい。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事