自分が完璧でないように相手も完璧でない的感覚

2011年2月 2日(水) 8:43:47

昨晩は Ustream に出演。
「Looops. TV」の開局第一回目の放送で、玉置沙由里さんをキャスターに、斉藤徹くんと対談した(第一回目のゲストに呼んでくださり光栄でした)。ソーシャルメディア全般、そしてSIPSの話などゆるゆると(ここで見られます)。

ボクは基本的に「文章の人」で、文章にしっかり定着させたものを相手の心に届けたいタイプ。だから動画系の「その場のノリで語ったもの」が広く配信されるのがどうにも居心地悪い(その良さはわかりつつ)。しかも第一印象が悪いタイプなので感じが悪い。そのうえ滑舌も悪い。おまけにスタジオのライトでハゲ頭が光って見ている人の目に悪い(笑)。ということで「悪い」だらけ。だから基本的に出演をお断りしているのだけど、ループスの斉藤徹くんの頼みなら断れない。

彼は中学高校の同級生。卒業後約30年会わなかったが、一昨年だったかに再会し、その後の彼の「ソーシャル快進撃」でやけにいろいろ関わるようになった。彼の最新刊「ソーシャルメディア・ダイナミクス」でも対談で出させていただいた。あ、ちなみに、「ソーシャルメディア・ダイナミクス」はかなり実務的な本。もうちょっと入門編的な本も彼はこの前出している。「新ソーシャルメディア完全読本」。これはソーシャルメディアのAtoZを知るのに最適な本である。

昨晩もUstで話したけど、彼との関係みたいに「お互いの(中学高校時代の)欠点も汚点も黒歴史も知っている」と、とてもリラックスして自分を出せる。ある種の深い信頼感ができている。こういう関係性って、企業においても、結局一番のロングエンゲージメントなのではないかと思う。

企業って「100%完璧であらねばならない」という妙な自意識があって、ミスしたりすると大慌てするけど、ミスとか欠点とか汚点とか黒歴史は、実は生活者の心を開くところがある(安全性とか危険性的な問題はまた別だけど)。ソーシャルメディアが浸透すれば「自分が完璧でないように相手も完璧でない。それを許容する」という考え方が普通になる気がしていて、企業ももっと「欠点もある普通の人(法人)」という部分を隠さずに見せて、生活者と一緒に改善していくようなやり方が必要なのではないかな。

ボクの「アップル愛」は、アップルがつぶれそうな頃の危機もその後の迷走も共有しているからこそ深くなっている。初期からずっと見守ってきたという「糟糠の妻的目線」もそれを加速させている。まぁアップルは今現在が良すぎるからちょっと特殊かもだけど、企業と生活者の関係性がフラットになるに従い、そういう等身大な感覚がとても大切になっていくと思うし、今後のコミュニケーションのキーポイントになっていく気がしている。

たとえばトヨタも、アメリカでの一連の事件、その対応でのドタバタが起こったあと、ボクは逆に親近感を持ち始めた。「完璧&世界一の企業」的な近寄りがたいイメージから「人間的で愛すべき存在」というニュアンスにボクの中で変わり始めている。そしてソーシャルメディア上での人の発言からもそういうニュアンスをよく感じる。こういうのってこれからの時代、とっても大事なんだろうな、と思う。

まぁまだこういう「感覚」って、ソーシャルメディア上だけで共有されるものなのかもしれない。でもソーシャルメディアがインフラ的に普及したときにはきっと大切な「感覚」になる。そしてそれはソーシャルメディアにどっぷり浸かっていないと得られない「感覚」でもある。その辺の感じを斉藤くんとは共有しているので、これまた楽チンなのである。

放送後、みんなで打ち上げに行って思ったこともあるのだけど、そろそろ会社に行かなくちゃ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事