正しい「アップルの犬」

2009年7月11日(土) 9:07:43

iphone3gs.jpg「アップルの犬」として、アップル製品を従順に買い続けてきて早15年。ジョブズ様が打ち出す製品群を崇拝しきって生きているワタクシですが、なぜか iPhone だけは手を出さず、周りの「アップルの犬友達」からも「あれ? 買わないの?」と不思議がられていた。というか、すごく責められていた。いや、はっきり口に出して責められたわけではない。彼らの目を勝手に「責められている!」と解釈し後ろめたく思っていた。すいませんすいませんすいません。アップルの犬のくせにすいません。

理由はふたつ。
auで家族契約しちゃっていて割引の鎖につながれてしまっていること。ソフトバンクに替えるなんて家族のオッケーが出ないわけ。あと、携帯メールを頻繁に使うようになってしまい、携帯メールの使い勝手が悪そうな iPhone に替える勇気がなかったこと。もうちょっとだけ待とうかなと思ったんですね。まぁでも「犬」ならば、多少の不便を顧みず、いの一番に買うべきだよなぁ。犬失格だ。

という書き出しと表題でわかると思うけど、ようやく、ようやく iPhone 手に入れました!
3G[S]が出て、もう我慢できなくなったんです!

レストランを月に一軒分行くのを我慢して節約し、その分を iPhone にかけることにしました。
つまり、電話と携帯メール用に au を残しつつ、ネットとアプリ用に iPhone 導入したんですね。携帯2台体制に突入してしまったわけ(あ、会社用のPHSがあるから3台だ)。iPhone3G[S](32GBの白)。あぁようやく正しい「犬」に復帰できた。なんか心が落ち着いた。

買ってから半日。ずぅぅぅぅっといじってます。楽しすぎ。
操作感の良さとかの感動をいまさら書いても仕方ないので書かないけど、アプリの楽しさに参った(これもいまさらですね)。初めて e-BOOK も使ってみたが、意外と読めるのに感動。「豊平文庫」というアプリを使って青空文庫にあったフェイバリット「次郎物語」をダウンロードして読み始めた。読みやすい。さくさく読める。あぁこれなら電車で読むのには十分だ。太宰治とか中原中也とか宮沢賢治とか森鴎外とか夏目漱石とか、昔の名作がすべてタダなので、ゆっくり再読してみたい。(あとはSmell of Booksがあれば完璧!)

「マップ」の感動。「乗り換え案内」の素晴らしさ。「大辞林」の使い勝手。「産経新聞」の便利さ。未知数なのは「Evernote」だけど、これもなんだか良い感じ。ゲームもいろいろダウンロードして遊んでます。こりゃすごい生活向上マシン&暇つぶしマシン。How nice !

ということで、いまさら感に溢れておりますが、「これは絶対オススメ!」「手放せない!」というアプリがあったらお教え下さい。例によって調べまくっているのでそこそこ知識はつき始めてますが、是非よろしくお願いします。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事