Mac用ワープロと巨顔雪像

2008年2月 5日(火) 9:10:26

昨日の記事「egword販売終了」にメールをいろいろいただきました。
まず、egwordの中の人(開発責任者)が独立して新たなソフトの制作に着手する、というニュース。朗報ですねぇ。数年後には志の高いMac用ワープロが売り出されるかもしれない。
次に「LightWayText」「IText Pro '08」の存在。なるほどー。なんでいままでボクの貧弱なアンテナに引っかからなかったんだろう(貧弱だからです)。両方とも同じ人が作っているエディタのようなんだけど、原稿用紙モードもあるし、Leopardに対応しているし、なにより「Writer's Workshop(作家のための作業環境)」をコンセプトにしている点が素晴らしい。ただ、「LightWayText」と「IText Pro '08」のどちらを使えばいいのかがよくわからない。似てるのだ。んー、どっちの方がいいんだろう…。わかる方、教えてください。原稿用紙モードをカスタマイズして(文字数行数を変更して)大量の文字をダダダと打っていきたいのですが…。

さて、今日から「さっぽろ雪まつり」。
東京に住んでいるし、今回は行けない。だから「いつから」なんて興味なかったんだけど、なぜか昨晩、いろんな方が「チーム・ナックスの雪像の写真」を送って来てくれ(正確に言うと、チーム・ナックスのアニメ版の「チビナックス」の雪像)、「明日からですよ!」と雪まつり気分を盛り上げてくれた。つか、モリの巨顔が雪像に!(完成写真の左端) 怖すぎる。

昨晩はちょうど金沢から来た「ナックスファン」と青山の「ペローラ・アトランチカ」でご飯食べていたので、モリに携帯メールしたら、あっちはあっちで、ボクの知り合いと盛り上がっていやがった。しかもその知り合いとはボクを介して知り合っているのである。なのにずるい。くそ、札幌行きたいなぁ。

昨晩一緒だった人たちは、去年ボクが金沢に行ったときにとてもお世話になった2人。ちょうど「明日の広告」を執筆中に金沢に行ったこともあり、「あのときは悲愴な顔してましたよ〜」とか。まぁ書き終えた今だから笑って話せるけど、マジであのときは地獄の真っ最中だったな(遠い目)

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事