「全然」と「とても」

2006年9月 7日(木) 8:05:47

東京の山手線に乗っていると、ドア上とか中吊りのところにモニターがあって映像が流れていたりするのだが、そこで昨日「山手線雑学」というのをやっていた。その中のひとつがわりと「へ〜」。

内容を短く書くと、「全然大丈夫」みたいに肯定に「全然」を使うのは現在の若者用語であって本来は「全然大丈夫じゃない」と否定に使うのが正しいように思われているが、本来的には「全然〜ない」と使うのが誤用。もともとは「全然+肯定」だった。つまり若者用語の方が本来的には正しい、と。 また、「とても楽しい」「とてもおいしい」と肯定に使っている「とても」は明治時代では「とても楽しくない」「とてもおいしくない」と否定に使うのが一般的だった。言葉は生きている。時代とともに移り変わるものですね、みたいな感じ。

「全然+肯定」は、ずいぶん慣れたせいか全然OK。全然使える。全然違和感ない(本来的には誤用?)。でも「とても+否定」はとてもしっくりこない。とてもダメ。とても気持ちが悪い。あ、とても気持ちが悪いはとても気持ちがいい。

まぁ電車に乗っている短い時間で見たので不正確かもしれないしきっといろんな説があるのだろうが、言葉の乱れがどうのと目くじら立てずに、言葉の使い方やニュアンスが時代とともに変化したりまた戻ったりするのを楽しんだ方がいいね。つか、いま「目くじら」と書いたらいきなり知らない漢字に変換されたぞ。鯢。うわっ。46年生きてきて初めて見たかも!


秋篠宮親王、お誕生おめでとうございます。皇位継承は難しい問題だけど、とりあえず9月6日が将来祝日になる可能性があるということですね。もしそうなったら9月は祝日がみっつ。5月と並んでトップタイの座に。意外な伏兵。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事